ビジネスでは光回線必須なのか?

      2016/09/28

12586468

ビジネスでインターネットを使うのであれば、光回線は必ず必要と言えるかもしれません。

ADSLに比べると10倍程度のスピードの差があるからです。
多くの人は動画などをデータ転送をするために光回線が絶対条件と考えています。

ビジネスではお客さんとのデータのやり取りにインターネットを利用することが日常的になっているのです。
インターネットの登場によって仕事上のシーンは昔と比較にならないくらいにスピードアップしました。

インターネットによって仕事のチャンスも多く生まれたのです。
企業がインターネットを引く時には光回線を最初に考えるようです。

どうしても光回線のサービスを受けられない地域でない限り、光回線を選択するのです。
仕事の場面ではインターネットを検索して必要な情報を入手することが多いことでしょう。

そのような時にいままでのメタル回線では労力と時間ばかりがかかってしまうという状況なのです。
ネットの速さが作業の効率化を阻害するようならば、インターネットの恩恵を十二分に受けることができないのです。
また、それによってライバル会社に差を付けられる可能性もあるでしょう。

光回線のスピードアップによって会社の業務もスピードアップしています。
ネットのデータの転送に時間がかかる時代は終わったのです。

それでも遅いようだと考えているビジネスマンや仕事人もいます。

光回線はこれからも技術発展とともに、スピードアップがなされていくことでしょう。
あなたの仕事場ではインターネットの回線はどのように使用されているでしょうか。

光回線は利用していますか。
会社の業種にもよりますが、ネットを使ったWEBのシステムがなければお仕事ができないと考えている人も多いはずです。

徹底比較の結果分かった絶対損しないおすすめプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 比較した結果、一番おすすめしたいのはSo-netです。So-netは全プロバイダ中一番バランスの良いプロバイダです。月額料金は最安クラス、キャッシュバック金額はトップクラスの27,000円、サポート体制はあのSONY系列のプロバイダだけあって信頼性も高く、ユーザーの評判も高いです。サポートオプションの種類はプロバイダ中No.1の豊富さです。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダだといえます。絶対に「損しない・失敗しない」プロバイダです。特別な希望がなければ、「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いないです。

2.BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており、サービス全体の信頼感、安心感は一番でしょう。契約後に利用できる会員ページは長年の経験が活かされた素晴らしい出来で、とても使いやすいレイアウト、UIとなっています。プランの変更やオプション変更などがスムーズです。BIGLOBEの老舗としての良さはこれだけではなく、キャッシュバックが確実に受け取れるよう配慮されていたり、WiMAXプロバイダでは珍しい「口座振替での支払い」に対応しているのです。クレジットカードを持っていない人やクレジットカードでの支払いを避けたい人には好都合です。BIGLOBEもSo-net同様安心して利用でき、どんな人が契約しても損しないプロバイダだと言えるでしょう。

3.DTI WiMAX

So-netやBIGLOBEには知名度や経験では劣りますが、DTIもとても良いプロバイダです。キャッシュバックは28,500円と全プロバイダ中2位で超高額ですし、月額料金も25ヶ月目以降の料金が最安長期利用を考えるととてもお得なプロバイダだといえます。ただ、クレードル無料キャンペーンがないのと、利用開始月無料キャンペーンがなく契約当初のお得感にかける部分があります。そういった点を考慮して当サイトではおすすめ度としては3番目になっています。ただし、DTIにしか無い「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるオプションがもれなく付いてくるため、特定の人には一番オススメできるプロバイダになるでしょう。特典を含めた全体的なサービス内容としてはSo-net、BIGLOBEに引けを取りません。キャッシュバックはSo-netよりも多いので、なるべく金額にこだわるならDTIにするべきでしょう。

 - 光回線