facebookでの友達の探し方

   


友達やアプリケーション、ファンページ等、facebookの中で何かを探したい場合はfacebookのページの上部にある検索窓においてキーワードを入力して捜す様にします。
けれども名前が思い付か場合も有りますよね。
そう言う場合は別な方法において探して行きましょう。
友達を探し出す場合だが、あなたのアカウントのアドレスに載っているメールアドレスから友達を探すという方法が有ります。
この場合はページ内に有る「友達検索」というボタンをクリックします。
仮にそのメールアドレスの人がfacebook内にいるのであればその人の情報が表示されます。
そこから友達になりたい人を探してリクエストすればOKです。
ただし相手によっては友達のリクエストに制限を通じている人もいます。
その人は一覧には表示されません。
制限されている人と友達になりたい場合は直メールを通じてお願いして友達になる様にください。
しかし制限を通じているという事はfacebookの使い方も制限している事になるかもしれませんので、必ず友達にならない方が良いかもしれませんよ。
また友達が増えてきますとページの右側等に共通の友達が表示されてくる様になります。
仮にその友達候補とあなたが友達になりたいなと思っているのであればそれを頼りに探して行っても良いですね。
名前で検索すると同姓同名の方がたくさん起きる可能性が有りますので、メールアドレスで探した方が確実ですし、写真を頼りにしても良いですね。

facebookのメリットやデメリットについて

映画の宣伝で見た事が有るかもしれませんが、最近facebookというSNSサイトに注目を集めています。
知らない人も多いとは思いますが、まぁブログみたいな感じとしてもらうと良いですか。
やはりブログとfacebookは違うのですが、実名を訴えるかどうかに大きな違いが在ると思います。
ブログは自分個人で基本的に楽しむので匿名でも良いのですが、facebookの意識として基本的に実名で利用していこうという動きが在るのです。
ではそういうfacebookのメリットと言ったら案の定「ソーシャル」な所に有ります。
簡単に言うと社交性という意味が有ります。
色んな人と交流を通していこうというものなのです。
次にfacebookのデメリット部分かなついてですが、さすが実名をさらす事で問題になるプライバシーの件ではないでしょうか。
たとえばブログの場合、匿名だからこそ書き込める事ってあると思います。
知っている人が見たって自分だと分からなければ気にする必要はないですものね。
けれども実名を出すとそんなにはいきません。
見ている人に内容を見られても可愛いような感じで書いておかなくてはなりません。
仮に反社会的な事を書いたら、実名で叩かれたり炎上したりしてしまうからです。
実名な分、大変だと思いますよ。
そんなに考えるとfacebookって比較的自由に思っている事を書けないのですね。
簡単にメリットとデメリットを挙げると以上の様な点が出されますので理解して利用する様にください。

facebookの用語3


案の定facebookをやるのであればなので使われている用語も知っておく必要が有ります。
知っているだけであなたはfacebook通に生まれ変われるかもしれませんよ。
なのでfacebook上で使われている独自の用語をいくつか挙げてみましょう。
【ノート】
mixiで言うと日記の事を指します。
Twitter見たいにあれこれ時系列に下に過ぎ行く表示ではなく、記録する事を目的として表示されて行く丁度日記の様な感じですね。
【シェア】
自分のニュースフィードにシェアした情報が載って、再度その情報が友達にも公開されるという事を指しています。
プライバシーの設定も出来ますので、公開自体を制限する事が出来ます。
Twitterのリツィートをイメージしていただければ分かりやすいかもしれませんね。
【プライバシー】
何も設定しないと友達全部にあなたの情報が流れていきます。
プライバシーを設定する事で自分のアクティビティを誰に公開するか決める事が出来ます。
設定も細く設定出来ますので最初に設定しておきましょう。
【フラグ】
facebook内において不適切な記事や投稿があった場合、それをfacebook側に報告する機能の事をフラグと呼んでいます。
携帯電話の迷惑メール防止機能と同じ感覚だと思います。
【リンク】
自分が状況望むURLを友達皆とシェアして出向く機能になります。
友達がシェアしてきたリンクをまとめたり、特定の友達によるリンクをまとめたりも出来ます。

facebookとそれ以外のSNSとの違い

もうmixiやTwitterを通じている人は、facebookというNEWSNSに登録しても「どっちみちfacebookもmixiもTwitterも同じだよ」としてしまう。
確かにぱっぱとみただけではこれらは全て同じに窺えるかもしれません。
けれども本当は全然違うサービスを提供しているのです。
では何が違うのでしょうか。
日本で主流となって行われているSNSにはmixi、Twitter、GREE、モバゲー等があります。
GREEやモバゲーはご存知の通りゲームコンテンツを主流としているSNSになります。
ですから本人同士の交流と言うよりはゲームのプレイヤー同士の交流を主としている感が有ります。
ですからブログと言った通常のSNSで有りそうな機能はいまひとつ考えられていないのが特徴的です。
次にTwitterに関してですが、お互いに承認し合わなくてもフォローする事が出来るのか点がmixiやfacebookとは違いますね。
一方通行に繋がる事が可能なのです。
スキな芸能人のTwitterでフォローしても相手はあなたの事を知らないのと言った感じですね。
つまり増えて浴びる側がどうして思おうと、相手の発信に興味が有るからそれで良いという感じなのです。
この使い方からTwitterではプロフェッショナル機能が充実しておらず、相手が本人であるかどうかも確認のしようがない為、なりすましで利用している方も結構いる様です。
mixiとfacebookが一番この中それでは似ている感じ機能を持っていますが、大きく違うところと言ったらmixiは主流が匿名登録であって、facebookは実名登録である事だと思います。
これは大きな違いと言えるでしょう。

徹底比較の結果分かった絶対損しないおすすめプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 比較した結果、一番おすすめしたいのはSo-netです。So-netは全プロバイダ中一番バランスの良いプロバイダです。月額料金は最安クラス、キャッシュバック金額はトップクラスの27,000円、サポート体制はあのSONY系列のプロバイダだけあって信頼性も高く、ユーザーの評判も高いです。サポートオプションの種類はプロバイダ中No.1の豊富さです。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダだといえます。絶対に「損しない・失敗しない」プロバイダです。特別な希望がなければ、「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いないです。

2.BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており、サービス全体の信頼感、安心感は一番でしょう。契約後に利用できる会員ページは長年の経験が活かされた素晴らしい出来で、とても使いやすいレイアウト、UIとなっています。プランの変更やオプション変更などがスムーズです。BIGLOBEの老舗としての良さはこれだけではなく、キャッシュバックが確実に受け取れるよう配慮されていたり、WiMAXプロバイダでは珍しい「口座振替での支払い」に対応しているのです。クレジットカードを持っていない人やクレジットカードでの支払いを避けたい人には好都合です。BIGLOBEもSo-net同様安心して利用でき、どんな人が契約しても損しないプロバイダだと言えるでしょう。

3.DTI WiMAX

So-netやBIGLOBEには知名度や経験では劣りますが、DTIもとても良いプロバイダです。キャッシュバックは28,500円と全プロバイダ中2位で超高額ですし、月額料金も25ヶ月目以降の料金が最安長期利用を考えるととてもお得なプロバイダだといえます。ただ、クレードル無料キャンペーンがないのと、利用開始月無料キャンペーンがなく契約当初のお得感にかける部分があります。そういった点を考慮して当サイトではおすすめ度としては3番目になっています。ただし、DTIにしか無い「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるオプションがもれなく付いてくるため、特定の人には一番オススメできるプロバイダになるでしょう。特典を含めた全体的なサービス内容としてはSo-net、BIGLOBEに引けを取りません。キャッシュバックはSo-netよりも多いので、なるべく金額にこだわるならDTIにするべきでしょう。

 - facebook , , ,