そもそもfacebookって何なの?

   


mixiの世界バージョン。
それがfacebookではないかと思います。
普通に日記が書けたり、写真等を共有したり、コミュニティに参加したり、メッセージを送ったりして、大抵はmixiもfacebookも両方出来ますので大した違いが無さそうに感じます。
けれどもmixiやfacebookには大きく違う所が有りますのでまだまだ挙げてみたいと思います。
先ずはmixiは利用者がほとんど日本人であるのに対し、facebookの利用者は海外の方が多いです。
海外留学で外人の人と仲良くなったからその人と交流を保ちたいとかいう方には便利だと思います。
次にfacebookは実名性がおっきいという事です。
facebookではルールとして実名登録ってなっているんじゃないか?という位、実名の方が多いです。
しかもプロフィールに投稿されている写真も本ものである場合がほとんどなのです。
友人になるのもそうした背景から実際の友達である場合が多いみたいです。
それほど考えると、正に知っている同士で立ち向かうコミュニケーションツールの様なものとして捉えても良いかもしれませんね。
実に、住所や電話番号等もプロフィールで載せる事が出来ます。
窺えるかもを通しているとプライバシーを晒しちゃって良いの?と不安に感じるかもしれませんが、設定次第でほかの方に見られない様にも出来ますのでそれだけ心配する事はないでしょう。
またfacebookにはTwitterの様に自分や友達の更新情報、ファンページの更新情報等がずっとリアルタイムに更新されます。
mixiとTwitterの良い部分を掛け合わせたもの。
それがfacebookかもしれませんね。

facebookの用語

新しいツールを使う際に首を傾げるのが独自の用語です。
それほどfacebookはアメリカで誕生したので英語の用語が多いのです。
facebookで使われている用語をいくつかご紹介してみましょう。
【友達】
mixiで言う「マイミク」にあたります。
facebook上で知り合いを見付けたり、友達になりたいなと想う人を見付けたりした場合、友達申請をして承認を待ちます。
承認されたら友達成立という事で、色んなコミュニケーションをその人ととる事が可能です。
逆に友達申請罹る事も有りますので友達になっても良いなと思ったら承認をください。
【ニュースフィード】
自分専用の掲示板みたいなもので、Twitterで言うタイムラインの様に表示されます。
つぶやきだけではなく、友達の近況、お気に入りサイトの情報等が更新随時更新されていきます。
【いいね!ボタンかLike!ボタン】
mixiで言う「イイネ!」ボタンと同じ感覚で使えます。
コメントする程でも無いけど、友達の記事に賛同したり、自分かオススメしたいサイトを紹介したいたまに使います。
【ウォール(掲示板)】
あなた個人専用の掲示板となります。
自分がつぶやいた内容、友達が書き込んだ内容、ファンページの更新情報等が一覧形式で表示されていきます。
表示は時系列なので過去ログとしても使えます。
Twitterと似ているだけどその最新版という感じですね。
友達が多い程でも、ファンページが多い程、ウォールが賑わいますので面白くなりますよ。

あいさつ機能を使おう


「あいさつ機能」はfacebookに備わっている機能の1つです。
ホームを表示させる事で画面の右側あたりに「あいさつ」というボタンが表示されます。
使い方は人それぞれでしょう。
人によってはあいさつ機能なんて取り除けるわという人もいます。
名前の通りにあいさつをする事として使っている方もいます。
英語版のfacebookでは「poke」という「つっつく」に関しての名前で表示されています。
どんな時に使う場合が多いかというと、小気味よい感じでコミュニケーションを取りたい場合に取り扱う事が多いかもしれません。
facebookのコミュニケーションツールには「コメント」「チャット」「メッセージ」と有ります。
些か気になる記事が有ったからコミュニケーションを取りたいけど、コメントをつけるほどでもないしメッセージを与える必要もない、チャットをする時間も弱いという場合「あいさつ」機能が実に便利に助かるのです。
少々相手の記事に対してつっつくという様な感じですね。
あいさつをすると、相手もそれに気づいてあいさつを返して来る場合もあります。
それが続いて堂々巡りに・・・。
ということもあると思いますが、簡単に気軽に使えて便利なコミュニケーションツールだと思います。
自分の反応を相手に弱く表すのにこの「あいさつ」は充分に使えますし、それがきっかけで別のコミュニケーションを取るきっかけにもなるかもしれません。
こんなあいさつはされた場合にメールで知らせていただける機能もありますのでぜひ使ってみてくれれば良いですね。

facebookとtwitterの使い分けは

Twitterとfacebookの両方によっている人にとって、どうしてこの2つのツールを使い分けたら良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
SNSはソーシャル・ネットワークですが、初々しい形のアドレスという意味合いも今後は出てくると予想されています。
アドレスという概念で使っていくのであればmixiの様に匿名で扱うのは不自然になりますよね。
そう言う点でもfacebookは実名で登録されている場合が多いので、アドレス代わりにも使えるようになりますね。
本名をインターネット上で晒すという事になっても、知っている人だけを相手に素性をばらすのであればそれ程不安な事はないという事になりますよね。
Twitterとの違いを考えてみましょう。
一番分かりやすく言うと自分のフォロワーや友達との繋がりを見ていくと良いでしょう。
Twitterでは他人との繋がりはクラスタと呼ばれる枠の中でコミュニケーションを取っているだけにすぎません。
それだけに個々の繋がりと言うのは心から緩やかなものであるというのです。
だからこそ芸能人等、有名人のTwitterで何万人という人がフォローしているのかもしれませんね。
一方facebookにおいては個々の繋がりが直接や間接的にでも個々に行われているので、人間同士のネットワークが築かれているという事に有ります。
そうして友達になるにも申請や承認が必要だという事もTwitterとは違いますよね。
Twitterは井戸端会議的感じで、facebookは交流を持つ場として使い分ければ良いのではないでしょうか。

徹底比較の結果分かった絶対損しないおすすめプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 比較した結果、一番おすすめしたいのはSo-netです。So-netは全プロバイダ中一番バランスの良いプロバイダです。月額料金は最安クラス、キャッシュバック金額はトップクラスの27,000円、サポート体制はあのSONY系列のプロバイダだけあって信頼性も高く、ユーザーの評判も高いです。サポートオプションの種類はプロバイダ中No.1の豊富さです。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダだといえます。絶対に「損しない・失敗しない」プロバイダです。特別な希望がなければ、「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いないです。

2.BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており、サービス全体の信頼感、安心感は一番でしょう。契約後に利用できる会員ページは長年の経験が活かされた素晴らしい出来で、とても使いやすいレイアウト、UIとなっています。プランの変更やオプション変更などがスムーズです。BIGLOBEの老舗としての良さはこれだけではなく、キャッシュバックが確実に受け取れるよう配慮されていたり、WiMAXプロバイダでは珍しい「口座振替での支払い」に対応しているのです。クレジットカードを持っていない人やクレジットカードでの支払いを避けたい人には好都合です。BIGLOBEもSo-net同様安心して利用でき、どんな人が契約しても損しないプロバイダだと言えるでしょう。

3.DTI WiMAX

So-netやBIGLOBEには知名度や経験では劣りますが、DTIもとても良いプロバイダです。キャッシュバックは28,500円と全プロバイダ中2位で超高額ですし、月額料金も25ヶ月目以降の料金が最安長期利用を考えるととてもお得なプロバイダだといえます。ただ、クレードル無料キャンペーンがないのと、利用開始月無料キャンペーンがなく契約当初のお得感にかける部分があります。そういった点を考慮して当サイトではおすすめ度としては3番目になっています。ただし、DTIにしか無い「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるオプションがもれなく付いてくるため、特定の人には一番オススメできるプロバイダになるでしょう。特典を含めた全体的なサービス内容としてはSo-net、BIGLOBEに引けを取りません。キャッシュバックはSo-netよりも多いので、なるべく金額にこだわるならDTIにするべきでしょう。

 - facebook , , , ,