「ソーシャルネットワーク」公開初日のFacebook社員

   


2010年12月、アメリカの見て取れる番組の特集でFacebookが取り上げられたそうです。
創始者のザッカーバーグ氏に映画にもなった「ソーシャルネットワーク」について聞いてみた所、ザッカーバーグ氏は映画を見分けるつもりは当初は無かったそうなのです。
ただし気持ちが途中でひっくり返り公開初日にFacebookの全社員で観たと言ったそうです。
色んな思いが有ったと思いますが、皆で見るとそこそこ嬉しい映画だったそうです。
また嬉しい結び付きで、ソーシャルネットワークの主人公を演じた俳優の従兄がFacebookで働いていると言うのも楽しいですね。
その時の思いを聞いてみた所、ザッカーバーグ氏は映画は「有っている所も有れば、本当とは違う所も有って楽しかった」「基本的部分は全然違っていた」「女の子に振られた腹いせに始めたと描かれていたが、本当は違っていてFacebookを立ち上げる前から彼女とは付き合っていたし、今でも付き合っていると話したそうです。
ですから本編は真実なのかもしれませんがちょっとずつ映画と本ものそれでは違うのかもしれませんね。
ですからフィクションだという意味も少しは分かると思います。
この映画が公開された事でザッカーバーグ氏に対する興味やFacebookに関する興味を持つ人が非常に多かったという事が面白かった様です。
映画での悪者イメージとは些か違うのかもしれませんね。
映画を観た人でFacebookを始めた人は結構多いのではないでしょうか。

ソーシャルネットワークの本

「1日10分からのソーシャルネット入門」というソーシャルネットワーク入門の本が有ります。
これによってソーシャルネットワークのなんたるかを知る事が出来るでしょう。
みんなはTwitterとFacebookの両方をやる意味が有るのかとか、何をどうしたらいいのか思い付かとか疑問に思っている事はたくさんあるでしょう。
こういう疑問に対してTwitterとFacebookの両方を通じていてとも多数のフォロワーと友達と交流しているという方が書いた本になります。
ソーシャルネットワークはたくさん有ります。
それらを賢く使い分ける為には特徴を充分理解して行く必要が有ります。
取り扱う時間(10分、1時間、半日、終日等)によって使い分けるとか、みんなと上手にコミュニケーションを取る為の方法とか基本的事とか、トラブルや炎上を防ぐ為の知識とか色んな事を実践交じりに紹介しています。
ソーシャルネットワークでコミュニケーションをどうして取っていきたいか、複数のソーシャルネットワークをどうして使い分けて言ったら良いのかとしている人にオススメの本だと思います。
ブログやmixi等を通じているのに再度他のものなんて時間が取れないわという方はたくさんいるでしょう。
それほどインターネットにさほど慣れていないとFacebookやTwitterなんて目新しいツールは手間でしかないと思います。
でも上手に使えばいやに時間の節約にもなるのがソーシャルネットワークの真新しい魅力だと思います。
ぜひこの本でコツを掴み、上手にソーシャルネットワークライフを楽しみましょう。

ソーシャルネットワークの目的


色んなものがソーシャルネットワークには有ります。
Facebookはその代表的なものでしょう。
Facebookだけに限った事では有りませんがmixiもTwitterもソーシャルネットワークは人と繋がるという事を目的としているツールではないかと感じます。
人と人とを結び付けるのが目的では有りますが、何をやっても良いという事ではなくそこにはソーシャルネットワークならではのマナーも必要となってきます。
更に日本人はマナーについて重視する人が多いのではないでしょうか。
特にFacebookは他のソーシャルネットワークのサービスと比べても人と繋がり易いサービスがたくさん提供されています。
これをメリットと取るかデメリットと食べるかはあなた次第ですが、会社ツールとしてFacebookを使うのであればこれは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。
ただしこのひっつきやすさを逆手に採り入れる方もいる事は事実です。
スパムやメッセージもわんさか送ってこられ易いのです。
使い方には個人差も有りますし、使い方自体自由に使って頂けますからいかなる使い方を通しても良いのですが、ソーシャルネットワークは架空のものではなくきちんとした相手がその向こうにいる。
人と繋がっているんだという事を頭に入れて置き、会社としても活用して行くと良いと思います。
人と繋がるというやけにカワイイメリットがあるソーシャルネットワーク。
最低限のマナーを守って面白く使っていきましょう。

ソーシャルメディアについて

Facebookがソーシャルネットワークの典型的な形と言っても良いと思います。
オンライン上でソーシャルコミュニケーションが構築され、オンライン上で友人たちに何が有ったのかをわかる事が出来るプラットフォームとなっています。
ソーシャルメディアにおいてはこのFacebookはとても重要なプラットフォームと言えるでしょう。
そうしてFacebookの他にそれほど重要なプラットフォームが有ります。
それがTwitterです。
Twitterは簡単につぶやけて独り言の様に自分の状況を伝えて、それに対してつぶやきが返ってきてコミュニケーションが取れますよね。
それでもこのTwitterをソーシャルネットワークとして認識するかどうかには疑問が有ります。
Twitterを通している友人を手当てとした際、その人を至急認識出来るかどうかは疑問ですよね。
その点がFacebookとは違うのですが、そういった事も有ってTwitterはソーシャルネットワークと言うよりはインフォメーションネットワークではないかとも言われているのです。
ではFacebookとTwitterは本当にどんな所に違いが見て取れるのでしょうか。
大抵の人はソーシャルネットワークとかソーシャルメディアという言葉とよく使いますが、FacebookとTwitterは別のものと考えた方が良いでしょう。
ソーシャルメディアの1部分としてソーシャルネットワーキングが、却って1部分としてインフォメーションネットワークが有って、この2つが組み入り交じる事でソーシャルメディアが出来ているという考え方もあるようです。

徹底比較の結果分かった絶対損しないおすすめプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 比較した結果、一番おすすめしたいのはSo-netです。So-netは全プロバイダ中一番バランスの良いプロバイダです。月額料金は最安クラス、キャッシュバック金額はトップクラスの27,000円、サポート体制はあのSONY系列のプロバイダだけあって信頼性も高く、ユーザーの評判も高いです。サポートオプションの種類はプロバイダ中No.1の豊富さです。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダだといえます。絶対に「損しない・失敗しない」プロバイダです。特別な希望がなければ、「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いないです。

2.BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており、サービス全体の信頼感、安心感は一番でしょう。契約後に利用できる会員ページは長年の経験が活かされた素晴らしい出来で、とても使いやすいレイアウト、UIとなっています。プランの変更やオプション変更などがスムーズです。BIGLOBEの老舗としての良さはこれだけではなく、キャッシュバックが確実に受け取れるよう配慮されていたり、WiMAXプロバイダでは珍しい「口座振替での支払い」に対応しているのです。クレジットカードを持っていない人やクレジットカードでの支払いを避けたい人には好都合です。BIGLOBEもSo-net同様安心して利用でき、どんな人が契約しても損しないプロバイダだと言えるでしょう。

3.DTI WiMAX

So-netやBIGLOBEには知名度や経験では劣りますが、DTIもとても良いプロバイダです。キャッシュバックは28,500円と全プロバイダ中2位で超高額ですし、月額料金も25ヶ月目以降の料金が最安長期利用を考えるととてもお得なプロバイダだといえます。ただ、クレードル無料キャンペーンがないのと、利用開始月無料キャンペーンがなく契約当初のお得感にかける部分があります。そういった点を考慮して当サイトではおすすめ度としては3番目になっています。ただし、DTIにしか無い「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるオプションがもれなく付いてくるため、特定の人には一番オススメできるプロバイダになるでしょう。特典を含めた全体的なサービス内容としてはSo-net、BIGLOBEに引けを取りません。キャッシュバックはSo-netよりも多いので、なるべく金額にこだわるならDTIにするべきでしょう。

 - ソーシャルネットワーク , , , ,