FacebookとTwitterにはどんな違いが有るのでしょうか

   


多くの人がFacebookとTwitterをおんなじソーシャルネットワークだと考えていると思います。
それはプロフィールやニュースフィード、リレーションシップにフォーカスを当てている人が多いからではないでしょうか。
ただしよく見てみると異なる目的を持ち歩いてそれぞれのツールを使っている事に気が付くと思います。
Facebookは身近な友人との繋がりが充分に出来る様にサポートされています。
誰かと友達になる時折あなたの情報を参照してリクエストしたり承認したりしていると思います。
つまりその人が誰かという認識を持ち歩いて人と繋がっているという事なのです。
けれどもTwitterではそう言う事は滅多になく、ほしい情報を持ち歩いている人を選んでフォローしているという違いが見て取れるのです。
つまりFacebookではプロフィールと人との繋がりを重要視して、Twitterでは実際のコンテンツを重要視しているという違いが有る事が分かります。
情報のストリームの内容もこの2つのサービスまずは違いが見て取れると言います。
Facebookはパーソナルなトピックが語られ、Twitterではブランドやニュースメディアと言った情報がトピックとして語られる事が多いです。
韓国のある見解ではTwitterはソーシャルネットワークと比べてみると情報を共有する意味合いに違いが見て取れるという結果を出しています。
そう言った事から見てもTwitterはソーシャルネットワークと言うよりはニュースメディアとしてのインフォメーションネットワークという特徴が見て取れる事が分かると思うのです。

ソーシャルネットワーク(SNS)とインフォメーションネットワーク

当たり前の話かもしれませんが、ソーシャルネットワークはあなたと誰かを、つまり社会的にも繋がりを所持している物で有ります。
その中心にいるのは友人であったり知人で有ったり、会社の中まで有ったり、色んな趣味等を通して知り合った人で有ったり色んな繋がりが有ります。
ニュースやコンテンツを見つけると言うよりは、友人との関わり合いを繋いで行く為に存在しているのかもしれません。
ソーシャルネットワークと言うと代表的なものと言うとFacebookやBebo等が挙げられます。
それと類似するものでインフォメーションネットワークというものが有りますが、こちらのコンセプトは最近の現象が色々いう事を表している物になります。
情報を配布してはいるのですが、異なる形のネットワークとしてみんなに利用されています。
出来事と言うよりは、ほしい情報に着目している物であるのです。
インフォメーションネットワークに代表されるものと言ったらTwitterではないでしょうか。
多くの方が手軽だと利用していますよね。
ソーシャルネットワークとインフォメーションネットワークはとも双方の側面を持ち合わせているのですが、どちらかの要素を深く打ち出している傾向に有ります。
そうしてインフォメーションネットワークがパブリックなものに対して、ソーシャルネットワークはプライベートなものになります。
どちらを利用するのも自由ですが、特徴をよく理解して上手に使っていければもの凄いいいサービスだと思います。

ソーシャルネットワークサービスにもメリット・デメリットが存在します


サービスとしてソーシャルネットワークにはソーシャルネットワーキングサービスが有ります。
その主な目的としては人と人とを結び付けるというコミュニケーションを促すものであると思います。
その為に友人や知人の間でのコミュニケーションが今まで以上に促進出来る場所や手段を提供しています。
そうしてそのコミュニケーションは友人や知人といった枠にとどまりません。
趣味や嗜好、出身校、地域、友人の友人という様な自分にはかつて関係が無いけれども何か共通な部分を辿ってくる他人との繋がりも出来る様に、新規人間関係を構築する場所として提供されているのです。
そういったソーシャルネットワークにもメリット・デメリットがもちろん存在します。
良い事ばかりではなくどうしても問題視する様な所も出てくるのです。
メリットばかりに目を奪われず、そういったメリットやデメリットをよく理解して使って出向く事でコミュニケーションツールとして上手に利用する事が出来るのではないかと考えられます。
直接じゃないので余計にそんなに感じますが、人とコミュニケーションを取るという事は簡単な作業の様で本当はより耐え難い作業ではないかと感じるのです。
ソーシャルネットワークのメリットを充分に理解してそこを最大限に活かし、デメリットを充分に理解して控える様にデメリットも賢く利用出来るように上手に使いこなしていく事で自分の知識も深まり、友人も見つかり、あなたの日常生活に可愛い刺激を与えてくれる事でしょう。

ソーシャルネットワークで友達を作ろう

自分のプロフィールに関する事、写真等をおんなじソーシャルネットワークの会員に対して公開する機能、お互いのメールアドレスを教え合う事が無くても他の会員にメッセージがくつろげる機能、ソーシャルネットワーク上で出来た友達を登録出来るアドレス、他の人に紹介する機能、公開範囲の制限を付けても行える日記、掲示板、コミュニティ、カレンダー等、色んな機能で構成されているツールがソーシャルネットワークとなります。
大抵は無料で利用できますが一部有料で利用できる物も有ります。
アフェリエイトの様にサイト内に掲載されている広告や商品等を友人達に紹介して売り上げが上がったら見返りを貰えるというソーシャルネットワークも在るそうです。
現在の社会は人との繋がりが希薄になりがちですが、ネットワーク上でもおんなじ趣味や考えを有する人達で繋がり交流を深める様になってきているそうです。
こんなソーシャルネットワーク上では普段出会う事のない様な友達と出会う事が出来ますし、悩みを打ち明けたりおんなじ趣味を持っている人と交流を深めたり出来ます。
こうしてサークルの様なコミュニティという部類に入って友達を増やして出向く人も多いそうです。
この段階で済んでいるのであればバーチャル的感じも有りますが、現にそこで出会った人と直接会って実際の友達として交流を深めている人もいます。
しかしそこにはそういったネットワークを悪用する人もいる為安易に会う事を推奨できる物ではありません。
ただしコミュニケーション不足と言われている現代、ソーシャルネットワークによって友人を定めるのも悪くはないと思います。

ソーシャルネットワークのメリットとデメリット


何にしてもそうですが、今話題のソーシャルネットワークに対してもメリット、デメリットは存在します。
そういった事を理解した上で利用していく必要が在るというのです。
では如何なるメリット・デメリットが有るのかご紹介して見ましょう。
【メリット】
先ずはソーシャルネットワークのメリットについてです。
趣味や嗜好はリアルな友人達の中でだって違いますよね。
こういう事への道徳心がおんなじ人達とコミュニケーションが取れるというメリットが有ります。
また自分が登録している情報が更新達する度に通知がとどくのでサイトへのアクセスが習慣的になります。
そうしてマーケティングとしても有効的で口コミ等に対してもやけに良い効果が期待出来ます。
写真を載せている場合はお互いの顔がきちんと見えている状態でコミュニケーションを取る為、過度の誹謗中傷、炎上に発展するリスクを制する事ができ、楽天的な意見のやり取りが期待出来ます。
【デメリット】
ブログに比べると幅広い意味での発表は出来ないのでアピール力は低くなります。
またコミュニケーションが友達範囲と限定されているので、何かしらの議論をする際におんなじ意見が出やすく幅が小さくなりやすいというデメリットが有ります。
またソーシャルネットワーク自体がユーザーで運営されている為に、検索エンジンからアクセスして来る事は出来ずプライバシーの保護も必要となる為、不特定多数で営利目的だと利用しずらいというデメリットが有ります。

徹底比較の結果分かった絶対損しないおすすめプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 比較した結果、一番おすすめしたいのはSo-netです。So-netは全プロバイダ中一番バランスの良いプロバイダです。月額料金は最安クラス、キャッシュバック金額はトップクラスの27,000円、サポート体制はあのSONY系列のプロバイダだけあって信頼性も高く、ユーザーの評判も高いです。サポートオプションの種類はプロバイダ中No.1の豊富さです。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダだといえます。絶対に「損しない・失敗しない」プロバイダです。特別な希望がなければ、「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いないです。

2.BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており、サービス全体の信頼感、安心感は一番でしょう。契約後に利用できる会員ページは長年の経験が活かされた素晴らしい出来で、とても使いやすいレイアウト、UIとなっています。プランの変更やオプション変更などがスムーズです。BIGLOBEの老舗としての良さはこれだけではなく、キャッシュバックが確実に受け取れるよう配慮されていたり、WiMAXプロバイダでは珍しい「口座振替での支払い」に対応しているのです。クレジットカードを持っていない人やクレジットカードでの支払いを避けたい人には好都合です。BIGLOBEもSo-net同様安心して利用でき、どんな人が契約しても損しないプロバイダだと言えるでしょう。

3.DTI WiMAX

So-netやBIGLOBEには知名度や経験では劣りますが、DTIもとても良いプロバイダです。キャッシュバックは28,500円と全プロバイダ中2位で超高額ですし、月額料金も25ヶ月目以降の料金が最安長期利用を考えるととてもお得なプロバイダだといえます。ただ、クレードル無料キャンペーンがないのと、利用開始月無料キャンペーンがなく契約当初のお得感にかける部分があります。そういった点を考慮して当サイトではおすすめ度としては3番目になっています。ただし、DTIにしか無い「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるオプションがもれなく付いてくるため、特定の人には一番オススメできるプロバイダになるでしょう。特典を含めた全体的なサービス内容としてはSo-net、BIGLOBEに引けを取りません。キャッシュバックはSo-netよりも多いので、なるべく金額にこだわるならDTIにするべきでしょう。

 - ソーシャルネットワーク , , , ,