SNSを妙に不安がる事はありません

   


毎日の楽しみとしてソーシャルネットワークのサービスであるSNSサイトを利用している方はたくさんいるでしょう。
けれどもSNSを使う事に不安を感じる方もいると思います。
但し気をつけて使えばたいして不安になる事はないのです。
ソーシャルネットワークのSNSの機能には日記を付けられる機能もあるので、誰かと交流すると言うよりはそのまま日記として記録を残している方もいます。
SNS上ではサイトが閉鎖にならない限りは書いた日記がなくなる事は総じて有りませんので紙などと違って劣化せず、いつでもキレイな状態で見ることが出来ます。
その上、検索もし易いのでいつの日記が読みたいとか簡単に検索する事が可能なのです。
但しウェブのサービスを利用しているといつ閉鎖になってせっかく書いた日記が無くなってしまうのではないかと心配する方もいるとおもいますが、万が一の場合に備えてクラウドサービスというのが利用出来るみたいですから安心でしょう。
次にデメリット部分に関してですが、何もアクセスに制限をかけないとプライバシーが不特定多数の方に見られて仕舞う可能性が有ります。
そうして不用意な発言をしてしまうと非難や誹謗中傷を罹る事が有ります。
これが炎上にまで発展するとSNS自体がもの凄くなり出来なくなって仕舞う事も有ると思います。
SNSは自分だけがやっているのではありません。
ネットには、ネットのマナーというのが有りますので最低限のマナーは把握して気をつけて利用すれば明るいSNSライフを満喫出来るでしょう。

ソーシャルネットワークへの依存

あなたは今何かに依存しているでしょうか。
たとえば携帯電話を忘れて来たりしたら落ち着かないとか、アイスが無いとお断りとか、お酒やたばこ、恋人など何かしらに依存しているケースは多い様に感じます。
こんな中で最近ソーシャルネットワークに依存する人が多数いる様になってきたそうで、小さな合間に直ちにソーシャルネットワークを見るとか、夜中寝る間も惜しんで勤しむとか毎日やらないと気が済まないという人が多いみたいです。
一番ソーシャルネットワークを通じている人が多い時間帯は夜中の0~1時だと言われています。
やっている人が多いならばコメントが張り付くのも速いでしょうし、日記も色んな人のものを見ちゃいますよね。
それがふっと楽しくて気が付いたら2時3時となっている事も多いみたいです。
それが貫く様であればそれはいよいよ完全にソーシャルネットワークの中毒みたいなものですね。
こんな人は人と繋がっている事でリライアビリティが得られ、何かしら自分へのアクセスが無いと不安になり、自分が書いたブログに対してのコメントが気になって仕方が無かったりします。
そうして色んな人との話し合いに乗り遅れない様に絶えず内容をチェックする様になるのです。
そうなってしまうと気持ちも落ち着きませんし、寝不足にもなりますし、体力も落ちてきてしまいます。
仕事や勉強にも支障が出てくる様になるかもしれません。
依存のし過ぎはやはり望ましく有りません。
ソーシャルネットワークは素晴らしいツールですが、依存にまでならない様に上手な使い方、適度な使い方をください。

Facebook創始者マーク・ザッカーバーグ氏について


世界中でとにかく利用されている人が多いソーシャルネットワークで知られている「Facebook」。
このソーシャルネットワークが誕生したのは2004年の事でした。
誕生させたのは当時アメリカハーバード大学の2年生でコンピューターを専攻しているマーク・ザッカーバーグという少年でした。
当時からプログラムの能力にずば抜けていた彼は在る日「コースマッチ」というプログラムを1週間で完成させました。
そのプログラムではどの学生がどの講義を取っているのか、どの講義をどの学生が使っているのかが一目で分かるというものでした。
このプログラムを通じている最中にネットワークと人を結びつけて行く方法には色んな方法があるんだという事に気が付いたと言います。
そこで作りだしたのが「フェイスマッシュ」というプログラム。
大学内の女子学生で誰が一番なのかという人間を決めるというものでした。
ここで使われた写真は大学の各寮が用意している公式「ソーシャルネットワーキングサービス」からの流用だったと言います。
これには大学側も避難し痛い処分を受けたのです。
但しこのソーシャルネットワーキングサービスを大学側が電子化してほしいという学生達の要望に対し、情報トラブルが懸念事項に有って実行させる事が出来なかったと言います。
なのでザッカーバーグは学生達が自発的に自分の情報を載せる仕組みにすれば問題は防げるのではないかという事を憧れ付き、Facebookという仕組みが生まれたのです。
一大学から始まったFacebook。
今では全世界中に広まる程広がりを見せています。
そうして今もザッカーバーグの野望と共に進化しているのです。

映画「ソーシャルネットワーク」のあらすじ

全世界で今や急速人気を呼んでいるFacebookというソーシャルネットワーク。
このFacebookの誕生から成功までを描いた伝記映画「ソーシャルネットワーク」のあらすじについて説明して見ましょう。
時期は2003年の秋、マーク・ザッカーバーグはハーバード大学の2年生でした。
ガールフレンドだったエリカに振られた直後、その腹いせに大学のデータベースをハッキングして女子学生達の写真を集めます。
そうして女子学生の顔のランキングサイトである「フェイスマッシュ」を築き上げました。
思った以上に大反響でアクセス数が増加していた事が大学側にバレてしまい、サイトは潰されてマーク自身も処分され、女子学生の敵とマークはなってしまいました。
そんな彼のプログラミング能力の高さに目を付けたのがウィンクルボス兄弟で、「ハーバード・コネクション」というハーバード大専用のコミュニティサイトのアクティベーション協力を依頼したのです。
ただしマークはこの事からヒントを得て親友であるエドゥアルド・サベリンから資金援助をしてもらいみずから「ザ・フェイスブック」を立ち上げたのです。
そうして親友の人脈を使ってだんだんそうしてあっという間にサイトははやり、マークは女子学生からの人気も回復しました。
そうして「ナップスター」を設立したショーン・パッカーの協力の元、「SNS」と名前を変えて拠点も移して拡大させて行く様になります。
訴訟はSNSのヒントとなった「ハーバード・コネクション」のアイデア盗用によるウィンクルボス兄弟によるもの、最初の協力者であるエドゥアルドの持ち株が30%以上から1%になった事、重役を降ろされた事による訴訟となっています。

徹底比較の結果分かった絶対損しないおすすめプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 比較した結果、一番おすすめしたいのはSo-netです。So-netは全プロバイダ中一番バランスの良いプロバイダです。月額料金は最安クラス、キャッシュバック金額はトップクラスの27,000円、サポート体制はあのSONY系列のプロバイダだけあって信頼性も高く、ユーザーの評判も高いです。サポートオプションの種類はプロバイダ中No.1の豊富さです。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダだといえます。絶対に「損しない・失敗しない」プロバイダです。特別な希望がなければ、「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いないです。

2.BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており、サービス全体の信頼感、安心感は一番でしょう。契約後に利用できる会員ページは長年の経験が活かされた素晴らしい出来で、とても使いやすいレイアウト、UIとなっています。プランの変更やオプション変更などがスムーズです。BIGLOBEの老舗としての良さはこれだけではなく、キャッシュバックが確実に受け取れるよう配慮されていたり、WiMAXプロバイダでは珍しい「口座振替での支払い」に対応しているのです。クレジットカードを持っていない人やクレジットカードでの支払いを避けたい人には好都合です。BIGLOBEもSo-net同様安心して利用でき、どんな人が契約しても損しないプロバイダだと言えるでしょう。

3.DTI WiMAX

So-netやBIGLOBEには知名度や経験では劣りますが、DTIもとても良いプロバイダです。キャッシュバックは28,500円と全プロバイダ中2位で超高額ですし、月額料金も25ヶ月目以降の料金が最安長期利用を考えるととてもお得なプロバイダだといえます。ただ、クレードル無料キャンペーンがないのと、利用開始月無料キャンペーンがなく契約当初のお得感にかける部分があります。そういった点を考慮して当サイトではおすすめ度としては3番目になっています。ただし、DTIにしか無い「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるオプションがもれなく付いてくるため、特定の人には一番オススメできるプロバイダになるでしょう。特典を含めた全体的なサービス内容としてはSo-net、BIGLOBEに引けを取りません。キャッシュバックはSo-netよりも多いので、なるべく金額にこだわるならDTIにするべきでしょう。

 - ソーシャルネットワーク , , , ,