iPadPro・iPad・iPadminiの違い【モデル1】

   


ここでは、あなたに合ったiPadをご選択いけるよう、3つの項目についてあなた自身の違いをご紹介して行きたいと思います。1、モデル・2、容量・3、Wi-Fi or セルラー。この順で解説していきます。
●1、モデル●
それでは、まずはモデルというケースです。
2017年12月現在、公式で購入できるiPadは4種類あります。
・12.9インチのiPadPro
・10.5インチのiPadPro
・iPad 第5世代(無印)
・iPadmini 4
iPadProは、現在市場に出回っている中では最新モデルとなり、iPad(無印)は破格版、そしてiPadmini4は、2015年に売りに出された商品となります。
ひとつひとつのモデルの違いを項目ごとに案内していきます。
【ディスプレーサイズ】
・12.9インチのiPadPro・・・12.9インチ
・10.5インチのiPadPro・・・10.5インチ
・iPad 第5世代(無印)・・・9.7インチ
・iPadmini 4・・・7.9インチ
【サイズ(mm)】
・12.9インチのiPadPro・・・305.7×220.6
・10.5インチのiPadPro・・・250.6×174.1
・iPad 第5世代(無印)・・・240.0×169.5
・iPadmini 4・・・203.2×134.8
【厚さ(mm)】
・12.9インチのiPadPro・・・6.9
・10.5インチのiPadPro・・・6.1
・iPad 第5世代(無印)・・・7.5
・iPadmini 4・・・6.1

徹底比較の結果分かった絶対損しないおすすめプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 比較した結果、一番おすすめしたいのはSo-netです。So-netは全プロバイダ中一番バランスの良いプロバイダです。月額料金は最安クラス、キャッシュバック金額はトップクラスの27,000円、サポート体制はあのSONY系列のプロバイダだけあって信頼性も高く、ユーザーの評判も高いです。サポートオプションの種類はプロバイダ中No.1の豊富さです。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダだといえます。絶対に「損しない・失敗しない」プロバイダです。特別な希望がなければ、「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いないです。

2.BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており、サービス全体の信頼感、安心感は一番でしょう。契約後に利用できる会員ページは長年の経験が活かされた素晴らしい出来で、とても使いやすいレイアウト、UIとなっています。プランの変更やオプション変更などがスムーズです。BIGLOBEの老舗としての良さはこれだけではなく、キャッシュバックが確実に受け取れるよう配慮されていたり、WiMAXプロバイダでは珍しい「口座振替での支払い」に対応しているのです。クレジットカードを持っていない人やクレジットカードでの支払いを避けたい人には好都合です。BIGLOBEもSo-net同様安心して利用でき、どんな人が契約しても損しないプロバイダだと言えるでしょう。

3.DTI WiMAX

So-netやBIGLOBEには知名度や経験では劣りますが、DTIもとても良いプロバイダです。キャッシュバックは28,500円と全プロバイダ中2位で超高額ですし、月額料金も25ヶ月目以降の料金が最安長期利用を考えるととてもお得なプロバイダだといえます。ただ、クレードル無料キャンペーンがないのと、利用開始月無料キャンペーンがなく契約当初のお得感にかける部分があります。そういった点を考慮して当サイトではおすすめ度としては3番目になっています。ただし、DTIにしか無い「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるオプションがもれなく付いてくるため、特定の人には一番オススメできるプロバイダになるでしょう。特典を含めた全体的なサービス内容としてはSo-net、BIGLOBEに引けを取りません。キャッシュバックはSo-netよりも多いので、なるべく金額にこだわるならDTIにするべきでしょう。

 - iPadProとiPadminiとiPadの違いはあるの , , , ,