WiMAXについて知ろう!利用者増加中の無線インターネットとは?

      2016/09/28

10296601

今となっては、よくよく耳にするようになりました、「UQ WiMAX」をご存じでしょうか。

モバイルとしてのパソコンをたびたび使う人であれば、ご存じなのではないかと思いますが、そうでもないという方はご存じないかもしれませんね。

ただの「WiMAX」なら、ご存じでしょう。

UQ WiMAXを知るためには、先に第一にWiMAXを知らなくてはなりません。

ではまずWiMAXとは何かご説明いたしましょう。

WiMAXというのは、Worldwide Interoperability for Microwave Accessを略した品で、そのの各単語の頭文字をとって、このように呼んでいます。

この英文が何を意味するかと言いますと、あっという間・大容量モバイルブロードバンド通信の方法のひとつであるというといったことです。

そして、WiMAXの前につく「UQ」のほうは・・・と言いますと、「UQコミュニケーションズ」という就業先名から取ったUQなのです。

そのUQコミュニケーションズにつきましては、また次回でもことを再度お話させていただきます。

本日は少し、UQ WiMAXのUQにあたるところが、ここの会社名から来ているというというものを、ご理解していただければそれで結構です。

これだけでも、UQ WiMAXとは、UQコミュニケーションズというカード会社が変貌した高速・大容量モバイルブロードバンド通信の様式であるというといったことが分かると思います。

最近では、パソコンを持って暇する方も本当に多くなりました。

営業関係だけでなく、渡航などの遠出にも持ち歩く人が多くなっています。

そのような人たちにとって、どこででも迅速にインターネットに繋がる事のできるUQ WiMAXは、非常にありがたい存在となっています。

今ではWiMAXもWiMAX2+として進化しており、いろんな人が使っています。ネットでも実際にWiMAX2+を利用している人の感想などが拝見できます。

どのようなサービスでどんな使い心地なのか読んでみると良いでしょう。

徹底比較の結果分かった絶対損しないおすすめプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 比較した結果、一番おすすめしたいのはSo-netです。So-netは全プロバイダ中一番バランスの良いプロバイダです。月額料金は最安クラス、キャッシュバック金額はトップクラスの27,000円、サポート体制はあのSONY系列のプロバイダだけあって信頼性も高く、ユーザーの評判も高いです。サポートオプションの種類はプロバイダ中No.1の豊富さです。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダだといえます。絶対に「損しない・失敗しない」プロバイダです。特別な希望がなければ、「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いないです。

2.BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており、サービス全体の信頼感、安心感は一番でしょう。契約後に利用できる会員ページは長年の経験が活かされた素晴らしい出来で、とても使いやすいレイアウト、UIとなっています。プランの変更やオプション変更などがスムーズです。BIGLOBEの老舗としての良さはこれだけではなく、キャッシュバックが確実に受け取れるよう配慮されていたり、WiMAXプロバイダでは珍しい「口座振替での支払い」に対応しているのです。クレジットカードを持っていない人やクレジットカードでの支払いを避けたい人には好都合です。BIGLOBEもSo-net同様安心して利用でき、どんな人が契約しても損しないプロバイダだと言えるでしょう。

3.DTI WiMAX

So-netやBIGLOBEには知名度や経験では劣りますが、DTIもとても良いプロバイダです。キャッシュバックは28,500円と全プロバイダ中2位で超高額ですし、月額料金も25ヶ月目以降の料金が最安長期利用を考えるととてもお得なプロバイダだといえます。ただ、クレードル無料キャンペーンがないのと、利用開始月無料キャンペーンがなく契約当初のお得感にかける部分があります。そういった点を考慮して当サイトではおすすめ度としては3番目になっています。ただし、DTIにしか無い「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるオプションがもれなく付いてくるため、特定の人には一番オススメできるプロバイダになるでしょう。特典を含めた全体的なサービス内容としてはSo-net、BIGLOBEに引けを取りません。キャッシュバックはSo-netよりも多いので、なるべく金額にこだわるならDTIにするべきでしょう。

 - WiMAX ,