googleのモバイル向けプラットフォーム「アンドロイド」

googleのモバイル向けプラットフォーム「アンドロイド」

20788116

すでに携帯電話は、電話をするためだけのアイテムではなくなりました。
メールをするだけのものでもありません。
非常に多岐に亘る機能を搭載した、コンピュータといって差し支えないでしょう。
そんな携帯電話がグングン進化を遂げ、「スマホ」という形でリリースされたのは、多くの人がご存知の通りです。
スマホの登場で、グングン携帯電話の持つ機能や意義が強化されました。
スマホに関しては、最早「携帯型パソコン」といっても良いような、非常におっきい性能を有するアイテムとなっています。
本当に、スマホや現代のケータイは、パソコンと同じような使われ方をされています。
その中それでもとにかくインターネットの閲覧に関しては、既にパソコン以上に利用されているようです。
もうインターネットはパソコンではなくケータイで見極める時代なのですね。
そんなケータイやスマホといった携帯情報端末には、パソコンと同様にOSと呼ばれるシステムが存在します。
要するに、「Windows」シリーズや「Mac」シリーズと同じ感じが、ケータイやスマホにもあるということです。
但し、「Windows7」や「WindowsVista」などのパソコンのOSは、ケータイには利用できません。
ケータイにはケータイ専用の、スマホにはスマホ専用のOSがあるのです。
その中でスマホに着目すると、現在においてOSは主に4つが市場を占拠しています。
そうして、その中けれどもトップのシェアを誇っているのが「Android(アンドロイド)」。
googleが開発した、モバイル向けのプラットフォームです。
このgoogleのアンドロイドが、スマホのOSのスタンダードなのです。

スマートフォンとiPhoneのOS

スマホのOSで何より人気のある「アンドロイド」を学ぶためには、一旦スマホについて学ぶ必要があります。
それは、Windowsを学ぶ上でパソコンの基礎知識をとても取得する必要があるという感じことです。
スマホがどういうもので、どういったことが出来るのかということをしっかりと学んだ上で、googleの開発した「アンドロイド」というOSの特性をわかることで、ますます理解がしやすくなります。
スマホが誕生したのは、本当は1990年代後半と、ほぼ早かったりします。
ただ、スマホの定義はかなり曖昧で、元々はポケットベルやPDAの発展形というコンセプトで開発されていたので、ケータイ全盛の90年代後半~00年代前半においては、そのすさまじさはきっと皆無でした。
日本におけるスマホは、PDAの機能を中心とした構成で発展して赴き、独自のスタイルを築き上げて行く一方で、やっぱその知名度はちっちゃいままで推移していきます。
こんな中、転機が訪れたのは、Apple社が開発した「iPhone」の登場です。
ケータイであってケータイではない、といわれたiPhoneが発売されると同時に、世界中で一気にスマホに対する関心が高まりました。
iPhoneはケータイをスマホに発展させるというスタイルだったことから、ほとんどの人が「ケータイの次世代機種」という印象を保ち、それが注目を集める大きな要因となったようです。
日本もiPhoneの注目度は厳しく、このブランドの登場からgoogleの参入などが行われ、いきなりスマホという言葉を目にする機会が増えました。

スマートフォンとケータイの違い

「iPhone」の登場で、スマホはごっそりメジャーな存在となりました。
その一方で、スマホとケータイを混同する人が増えてきたのも事実です。
多くの人が、スマホをケータイの次世代機種、あるいはケータイの一ブランドとしているのではないでしょうか。
ですが、実際にはその認識は誤りです。
スマホは飽くまでもスマホであり、ケータイではありません。
それを裏付ける証拠として、スマホとケータイには、いくつかの相違点があります。
取り敢えず、スマホとケータイではOSの種類が異なります。
ケータイのOSというと、「Symbian」「REX」 「Linux」「ITRON/T-Engine」「Microsoft Windows Mobile」といったところがメジャーです。
それに対し、スマホは「Symbian」や「Microsoft Windows Mobile」など、ケータイと共通のものもありますが、「アンドロイド」「RiM」「Apple」など、独自のOSも多くあります。
googleの開発した「アンドロイド」の登場で、その差別化が一層顕著になったようです。
また、メールの仕様も異なります。
ケータイのメールはプッシュメール方式と呼ばれるもので、直接携帯端末に着信されます。
一方のスマホは、パソコンで利用する感じように、受信者が着信サーバにアクセスすることで閲覧できるようになっています。
この他にも、ケータイのサービスがキャリア独自に行っているのに対し、スマホはキャリアとサービスをそれぞれ独立させていたり、ブラウザの構成が異なったりと様々な違いが存在しているのです。
googleなどが参入したことで、ケータイ以上にWeb向けサービスが発展したことも特徴のひとつです。

スマートフォンはパソコンとケータイの中間

ケータイとスマホは、外見こそそっくりが、いよいよにおいてその中身は異なります。
どちらかというと、パソコンもののといっても差し支えないでしょう。
つまりスマホは、パソコンとケータイの中間に位置する製品なのです。
本当にスマホには、パソコンと類似している点は多数あります。
とりわけ間近いのは、メールやブラウザといったインターネット関連の仕様です。
メールの送受信の際にメールサーバを利用するのは、パソコンの仕様です。
また、ブラウザも、ケータイ向けに簡易化されたHTMLを見分けるのではなく、パソコンで見分けるサイトをもちまして閲覧できます。
つまりモバイル専用サイトではなく、パソコンと同じサイトを利用できるのです。
半角文字でなるべく容量を食わないようにと作られたモバイルサイトは、どうしても多少の読みにくさがありますが、スマホはそういった泣き所を解消しているということになります。
とはいえ、スマホとパソコンがおんなじ性能を所持しているかというと、そういうわけではありません。
パソコンでできるありとあらゆることを、スマホ上でできるわけではないのです。
そのため、「携帯型パソコン」はあくまでそんな表現であって、実際には別の製品です。
ただし、スマホは年々進化を通してあり、OSもgoogle開発「アンドロイド」の登場によっていっぺんに競争が激しくなりました。
競争が激しくなれば、進化も素早くなります。
結果、スマホは一段とパソコンに近付いているという状態になっています。
googleのアンドロイドが、スマホをひとつ上のステージに引き上げたともいえるでしょう。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください