スマートフォンの機能

スマートフォンの機能

19766636パソコンとケータイの中間という位置付けのスマホだが、その機能も最もこの二つの中間といえるものが備わっています。
とても、どうしても電話機能です。
これがなければ「フォン」の意味がありません。
また、ケータイでおなじみの「カメラ機能」や「時計」「GPS機能」「ワンセグ機能」「ゲーム」「電子辞書」といった機能も備わっています。
再度、「音楽再生機能」「画像閲覧」「動画閲覧」「サウンドレコーダー」等の機能も、当然ながら付いています。
ケータイについている主要機能は、多分網羅しているといえるでしょう。
パソコンの機能としては、「インターネット接続及びフルブラウザ搭載」「ウェブ閲覧」「メールサーバへの送受信」「WordやExcelファイルの閲覧」「PDFファイルの閲覧」「簡易な文章作成」などがあげられます。
注目は、WordやExcelの閲覧ですね。
ケータイでは、勿論これらのオフィス系ソフトで作られたファイルを直接閲覧することは原則としてできません。
それに対しスマホの場合は、編集することまではできませんが、閲覧することは可能です。
この機能が特に重要となって生じるのは、成人の方々でしょう。
単にExcelはメモ帳では代用がきかないソフトなので、表にまとめた各種データを確かめる場合には重宝します。
同様に、PDFファイルの閲覧ができる点もかなり役立つでしょう。
OSに関しては、インターネット閲覧という部分で強化が進んでいます。
中でもgoogleのアンドロイドはその典型です。
googleが開発しているアンドロイドは、殊更ネット閲覧に関する機能が充実しています。

スマートフォンを使用する目的

1990年代から2000年代前半にかけては、全然迫力のなかったスマホところが、2000年代後半になると、「iPhone」の登場が契機として、ケータイに代わる新規ケータイとして、凄まじくシェアを伸ばしました。
あんなスマホの躍進に各製造会社が力を入れないはずもなく、iPhoneの販売権を勝ち取ったソフトバンクに続けと、ドコモやauなどの各会社が新規スマホの開発、販売に着手したのです。
そのため、2000年代末期からは、各携帯会社によるスマホ戦争が始まりました。
当然、そんなにつながるとスマホの種類も増えてきます。
各社の競争により多様化した機種の中から、どうしてひとつの商品を選べば良いのでしょう。
スマホを選ぶポイントは、主に3つあります。
ひとつは目的です。
スマホは従来のケータイと比べ、たくさんのことが出来るようになりました。
とはいえ、ケータイに求めるものは人それぞれであり、それほど多機能の機種を選ぶ必要はありません。
例えば、ネット閲覧に使用する頻度が多い人の場合は、ネット環境のさわやかスマホを選ぶと良いでしょう。
一方、カメラとして取り扱う頻度が多い人は、高解像度のスマホがオススメです。
メールを頻繁に使う人は、文字入力がさわやかスマホが良いでしょう。
例えばgoogleのアンドロイド携帯などは、その点にかなり力を入れています。
googleの提供するGmailもののWebメールが利用出来る点も強みです。
ケータイでは直接送受信するため、こういったフリーメールサービスを利用することはありませんでしたが、スマホであれば、どんどん安全で使いやすいメールサービスを利用できます。
それもスマホの強みのひとつであり、アンドロイドを利用するメリットのひとつにもなります。

スマートフォンの形状

ある程度目的が固まったら、今度は形状にもこだわってみましょう。
やはり、外見よりも中身が重要という人が多いでしょうが、競争のきついケータイ市場において各会社における商品の質の差は、あんまりものすごくはなりません。
それは、スマホそれでも例外ではなく、ある程度おんなじ範囲の値段であれば、性能はある程度似通ってくる。
なので、他の選択手段として、外見という項目が出てくるのです。
スマホの外見は、基本的にはケータイと押しなべて変わりません。
そのため、選ぶ場合もケータイを選ぶ感覚で選ぶことになります。
例えば、スタイリッシュなケータイがスキな人は、薄さで選ぶということも考えられます。
ないスマホはその分重量も軽々しいので、ポケットに閉じ込める人にとっては有利になります。
また、スマホはケータイと違い、よりパソコンものの携帯端末となっていることの証として、フルキーボードタイプの機種もあります。
これは、パソコンのキーボードと同じキーの配置になっている端末のことです。
そのため、通常のスマホより少々横に幅広い外見となっています。
パソコンの要領でスマホを利用したい人には、使いやすい端末といえるでしょう。
また、おんなじキーボードタイプのスマホそれでも、スライド式キーボードを内蔵しているタイプもあります。
これは端末を横にし、そこから下に向けてキーボードをスライドさせるという形の商品で、グングンパソコンものの形状になっています。
googleのアンドロイドものの、ネットやメールに力を入れているOSのものを選ぶ場合は、こういったキーボードタイプのスマホがオススメです。
何よりgoogleが開発したアンドロイドの場合、パソコンにかなり近い使用感になっているので、外見もそれに寄せた方がより使いやすくなります。

スマートフォンの操作性

スマホを選ぶ際には、操作性も非常に重要となってきます。
その操作性を左右する機能が、「タッチパネル」です。
iPhoneの劇的ヒットを支えたのが、タッチパネルの機能といっても過言ではないでしょう。
タッチパネルというのは、画面の拡大や縮小、あるいはスクロールなど、様々な操作をタッチ操作で行なうという、言わばハイスペックを駆使した夢のような機能です。
そのためスマートフォンの代名詞的機能として、多くのユーザーはこの機能に目を惹かれ、購入しているというのが現状です。
そんなふうになってくると、タッチパネルの操作性が大きな購買動機となるのではないでしょうか。
いざ、タッチパネルに関しては、ほとんどのスマホにおいて採用されています。
そういう中で操作性に差を付けるのは、OSですね。
例えば、googleのアンドロイドの場合は、タッチパネルを利用しやすいアプリケーションを多数揃えています。
また、こういうアプリを自分で開発する上でも、アンドロイドは使いやすいOSといわれています。
国家なgoogleならではの自由性が活きている点が強みですね。
こういった点から選んで行くのも、一案です。
その一方で、ケータイからスマホに移行する人の中には、タッチパネルに抵抗があるという人も少なからずいるようです。
従来のケータイの操作に慣れているので、それとおんなじ操作性のスマホが欲しいという声は、年配の方には全然手広く見受けられます。
そんな人の場合は、非タッチパネルタイプのスマホを選ぶと良いでしょう。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください