アンドロイドアプリのメリットとデメリット

アンドロイドアプリのメリットとデメリット

16039617アンドロイドというOSにおいて、アプリケーションはある意味七つ道具といえます。
とってもアプリを導入せずに、携帯電話と同じ感覚でスマホを利用することは可能ところが、ではアンドロイドの魅力も半減してしまいます。
その自由性の高さを最大限利用し、開発されている数々のアプリを導入することで、例えば1年前に買ったスマホであっても、最新機種と遜色ないような性能を発揮することができたりします。
そういった意味では、アプリは非常に大きな意味を持ちます。
アンドロイドで利用されることを前提としたアプリの場合は、その傾向がもっと強くなります。
というのも、アンドロイドの標準搭載機能をフォローする形のアプリが多いからです。
これは当然、開発する側も「アンドロイドにあんな機能が備われば一段と使いやすくのぼる」、「アンドロイドにはここが足りない」などという思考の元に開発して行くことが主な要因となります。
つまり、汎用性の大きいアプリケーションより、アンドロイド専門のアプリの方がかゆいところに手が届きやすいのです。
その一方で、専用アプリだからこその弊害もあります。
それは、特定のジャンルに偏りやすいという点です。
開発の頻度が非常に激しく、そのスピードもいくらでも増えていく状態において伸びて出向く分野は、得てして需要が高い分野です。
例えば、ゲームやメール関連のツールなどは大きい人気を集めてあり、これらに開発の方も集中していきます。
逆にいえば、流行の分野以外は開発する人が少なくなり、過疎化して仕舞うという恐れがあります。
殊更個人が開発する場合、競争意識が上がる結果、流行に集中してしまう傾向が強くなるのです。
こういったデメリットもあるので、できれば個人開発アプリの利用とgoogle提供サービスの利用は、併行して行うようにした方が良いでしょう。
googleのサイトをのぞきつつ、「AndroidView」などを利用するという形が一番嬉しいでしょう。

アンドロイドアプリ専用サイト「AndroidView」

各種サービスやアプリケーションを導入するためには、それらのデータをインストールする必要があります。
ここでもアンドロイドOSにおいては、googleがスゴイユーザビリティを発揮します。
というのも、google提供のサービスは簡単にアンドロイドのスマホにインストール出来るようになっているのです。
googleには提供サービスのコーナーが設けられているので、そこから好みのサービスを選び、その場で導入が可能となっているのです。
では、アプリケーションは何とかというと、こちらはある程度自分で探し出す必要があります。
というのも、アプリケーションは個人の開発者がたくさん、公式のアプリよりこうした開発アプリの方が圧倒的に多いからです。
その数は1,000を楽に乗り越え、2,000にも達しているといわれてあり、今後再度増え続けて行くことが予想されます。
そのため、評判の良いアプリを見い出すという作業だけでもいとも大変です。
そこで利用したいのが、アンドロイドで利用出来るアプリケーションを集めた比較サイトや総合ポータルサイトです。
これらのサイトを利用すれば一部分で多数のアプリを導入でき、敢えてひとつひとつ検索する必要はありません。
そんなサイトの中けれどもとにかく有名なのが、アンドロイド専用のアプリケーションをまとめた「AndroidView」というサイトです。
AndroidViewでは、アンドロイドで利用出来る様々なジャンルのアプリケーションに関する情報がリアルタイムで更新されています。
絶えず最新の情報を入手出来る上、その場でQRコードでの導入やAndroidMarketへのアクセスが可能となっているので、紹介文を読みながらアッという間にダウンロードすることができます。

アンドロイドのスマートフォンの種類

スマホ用OSのトップシェアとして、良い人気を集めているアンドロイド。
googleの開発したOSということで、各所にその強みが発揮されています。
その強みのひとつといえるのが、千差万別です。
googleは携帯会社ではなく、また特定の携帯会社と提携しているわけでもないので、特定のスマホのみに利用されるOSというわけではなく、全ての会社のスマホに導入されています。
2010年から2011年にかけて、大人気アイドルユニットばかりや人気ミュージシャンのレディ・ガガのCMが大量に流れたことから、au(KDDI)の印象が強くなっていましたが、実際にはdocomoやsoftbankのスマホにおいてもアンドロイドは搭載されています。
では、それらの代表的な機種をいくつか紹介ください。
日本で最初にアンドロイドOSが搭載されたのは、docomoの「HTC Magic」です。
2009年7月発売のこの機種は、2009年で唯一発売されたアンドロイド搭載スマホとなりました。
そのため、当初は「アンドロイドといえばdocomo」というイメージがあったようです。
2010年4月以降はいっぺんにアンドロイドの迫力がふくらませ、年末は各社がふるってアンドロイドを搭載したスマホを発売しました。
中でも一大機種はdocomoの「GALAXY」シリーズと、docomo及びauの「REGZA Phone」シリーズです。
softbankはどうも「iPhone」に人気が集中する分、こちらでは迫力で劣っているようです。
そうして2011年には、2010年の機種数をすごく越える数のアンドロイド搭載スマホが誕生しています。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください