Googleサイトに登録してみましょう

Googleサイトに登録してみましょう


ホームページを作ったら先ずは検索エンジンを提供しているサイトに登録してみましょう。
ここではGoogleを例に挙げて説明してみたいと思います。
Google自体にはサイト登録が出来ますが、間もなく検索エンジンのインデックスに反映される訳ではありませんのでseo対策にはなりませんので、気休め程度の登録だと思っておいた方が良いですね。
Googleのインデックスに作成したサイトが登録されるようになるにはGoogleの検索クローラーというツールがサイトを訪れる様にしなくてはなりません。
しかも1回ではダメで、何回かまわる様になってやっとサイト内の全ページを認識して得る様になるのです。
そうしてその情報を元にインデックス化されていくという流れたになるのです。
seoを有効にすべくサイトマップは2つ存在します。
Web版サイトマップは一般ユーザーに対してナビゲーションを通じてもらえる等利便性が有りますし、XML版サイトマップはロボット巡回を促進していただける検索エンジン専用のものになります。
どちらのサイトマップも有効で効果が高いみたいですので、サイトに設置する事は推奨されているそうです。
どちらのサイトマップにも一長一短は有りますので、どちらのメリットもデメリットも特徴も踏まえた上で利用していくと有難いみたいですよ。
Googleには検索結果上で補足インデックスが表示される現象が有ります。
seo業界も話題になっている様です。

検索しているユーザーの特徴を知っておく事も大切です

seoを通じて集客して生じるユーザーと言うのは検索エンジンにおいてたかるユーザーです。
つまり、検索を通している人、有る情報を探している人という事になるのです。
こんなユーザーの特徴を知っておく事もseoをやる上で大いに肝になるのです。
何かをインターネットを使って取り調べる時って検索エンジンを利用するのが殆どだと思います。
検索エンジン側に登録されているサイトへようやく訪問するときの入り口となっているのだと思いますし、その検索エンジンに登録されているサイトがきちんと表示される事もどうしても肝になります。
但しこうして集まってきた訪問者には見て取れる特徴が有りますので注意が必要になります。
ではどういう特徴かと言うと「情報探し出しを通している人」「訪れたホームページの操作に慣れていない人」「サイトの入り口じゃなくやにわに奥の方に直接アクセスしてくる人」となります。
つまり、検索エンジンを通じてサイトにまわる人は、サイトの奥の方のページに直接アクセスして生じるし、サイト自体が初来訪だし、サイトの使い勝手もとても分かっていない人という事になるのです。
サイトに対して慣れていないユーザーがサイトの入り口(トップページ)ではなく奥の方に直接アクセスしてくるのですから、ユーザビリティはこんなユーザーに対して確保されている必要が出てくるのです。
ようやっとseoで上位にいってもサイトの使い勝手が悪いと何とも有りませんよね。
ですからサイトを作成する際には、ユーザーがはじめて訪れる事を想定した上で定める必要が有ります。
そんなふうにするからこそseoは大きな効果を出してくるのです。

ナビゲーションデザインを心がけましょう


どうにかサイトを登録してseo対策も行ってじっと上位に割り込む様にしたとしても、訪れたサイトが用い辛いとユーザーは間もなく違うサイトをめぐってしまいます。
そうならない様にナビゲーションのデザインを考える様にする事は大切な事になります。
サイトをアクセスしてくれたユーザーがサイト内で迷う様になるのはサイトのデザインが低いからだという認識の元、使いやすい様にナビゲーションデザインをする様にください。
では如何なる事に努めたら良いのでしょうか。
先ずはユーザーがアクセスしてきたページは、如何なる内容のサイトで今いるのは何のページなのかというのを明確に伝わる様にする事、そしてそこから他のページへ移動させる手段を確立させる事が大切になります。
そうして各ページ内にユーザーが今いる場所をすぐ認識出来る様にトピックスパスというものを置く様にデザインして行きます。
これはseoからやってきたユーザーに対して効果があるようです。
次にどのページにもぱっぱとトップページに出向ける様にリンクを置く様にください。
これで動線が確保出来る様になります。
そうしてseoでやってきてすぐさま奥深い階層のページにアクセスしたユーザーがたちまち上のページをめぐって、なので得た情報を回す為にのデザインが必要になります。
そういった事をホームページを定める上で考えながらデザインして行きます。
そうして登録してseo対策も行ったら二度とバッチリですよね。

ナビゲーションを用意してあげる

そのサイトにはじめて訪れたユーザーはそのサイトの使い勝手が分かりませんよね。
こんなユーザーもサイト内を迷わないで巡回出来る様にする為に、ナビゲーションを用意して差し上げると混乱を防ぐ事が出来ますし損失も最小限にする事が出来ます。
seo登録をいくら施しても、訪れてくれたユーザーがサイト内で迷ってしまってはアッという間に再検索されてしまって逃げてしまいますものね。
そんな風にならない為にもナビゲーションを用意して与えると良いのですが、サイト内にある全部のページに共通しているナビゲーションバーを一つ用意します。
そうしてメインとなるページ、主要ページにはどこにいても1クリックで移動出来る様にしてあげると良いですね。
そうしてこのナビゲーションも統一する事が混乱を防ぐ事にも繋がります。
あっちのページではFLASHが使用されていて、こっちのページではHTMLリンクが使われている様な感じだとチグハグな感じがしてしまいますので、注意しておきましょう。
また検索エンジンロボット等、色んな環境でリンクが正常に辿って取れる様にする為には、他のページへリンクさせる為のつーつはa要素、href属性をどうしても使用する様にください。
そうしてアンカーテキストではリンク先のページに関係するキーワードを登録してseo対策をする事で検索エンジンが繋げてくれます。
他にも何かとナビゲーションになる様な項目が有りますので、出来るだけユーザーが使いやすい様にする事も重要視して下さいね。

リンクのラベリングも使いやすくしましょう


ホームページを作って色んな方に自分のホームページに来て貰いたい場合、検索エンジンに登録したりseo対策をしたりすると思いますが、seo対策の為にはホームページに対策をして行く必要が有ります。
その一部としてリンク部分にはラベリングを付けて分かりやすくするというのが有ります。
リンク部分にはテキストを使用する事が多いですが、そこには情報を適切に表せるような文字を使用するべきだと思います。
それほどする事でユーザーはいかなる情報が得られるのかの予想が立てられますし、探しやすくなるのです。
たとえばですが、リンク先に書いてある文字列が「クリック」だったからにはどうでしょう。
本当に行ってみないと何のページなのかが分かんないですので、自分が探し出したい情報がどこのページに有るのか探さなくてはならなくなるのです。
それほどするとユーザー側としては面倒になって別のサイトをめぐってしまいますよね。
そうならない為にもリンクをする部分のラベルは分かりやすくする様にした方が良いのです。
また検索エンジン側も登録されているリンクが使っている文字列を解析して出向く様になっている様です。
そうしてリンクに使われている文字列と、リンク先のサイトの関連付けを通じていっているみたいなのです。
そうして重み付けがなる様になり検索エンジンの適合度にも有利になっていくのです。
こんなリンクに使用するラベリング1つでこれだけseo対策がなるのですからぜひやっておきたいものですね。