facebookについて

facebookについて


日本もここ1年位で知名度が尚更上がったのがfacebook(Facebook)です。
ただしちょっとmixiやtwitter等に押されて普及しきっているとは言えない状況です。
そこでfacebookとはどんなものなのか、基礎的な知識を紹介してみたいと思います。
facebookを上手に使いこなして世界中の人と知り合いになってみてはいかがでしょうか。
ひとたびfacebookと言うのは、前文mixiに押されていると書いた様にSNSなのです。
このSNS、ソーシャルネットワークサービスと言うのですが、インターネットを使ってその中で社会的な繋がりを築いて出向くというサービスになります。
日本ではmixi、GREE、モバゲー等が有名な所ですが、それとおんなじ括りのサービスになります。
但し日本で主流となっているSNS達とはまだまだ違う点と言うと、facebookはアメリカ発のSNSである事、日本だけじゃなくて世界中で使われている事という実に規模が大きいSNSであるのです。
ですからつぎ込み方次第で世界中の人達と友達になる事が出来るのです。
そういったグローバルな観点で作られている事から、facebookで助かる言語は77も有りますし、そうした言葉を使って出来事等を投稿しているのです。
基本的に使われている言語は何だか英語なのですが、日本語を主流としている人も多くいますので言葉の壁にとらわれず利用する事が出来るでしょう。
こういう事で世界中けれども日本国内のみでも取り扱う事が可能となるのです。

facebookへの登録の仕方

現にfacebookへの登録はどうすれば良いか登録方法を挙げてみましょう。
先ずはfacebookのトップページにアクセスしてユーザー登録していきます。
その画面で基本情報を入力していきましょう。
先ずは名前ですが「姓」「名」を入力します。
ここで入力した名前があなたのトップページに表示されます。
名前が入力されたら「新規登録」ボタンをクリックします。
すると画面上に歪んだアルファベットが表示されます。
セキュリティチェックになりますので何て書いてあるか入力しましょう。
読み難い場合は「別の単語を表示」が出来ます。
終わったら「新規登録」ボタンをクリックし、基本情報の入力がおわりとなります。
基本情報が終わったら次は続報の入力となります。
ここで入力する事も後から入力する事も可能です。
これからにする場合はスキップさせましょう。
その続報によりエリア情報を見てコンピューターがあなたのトップ知り合いかもしれない方をピックアップしますので知り合いがいたら「友達になる」をクリックください。
また見つけ出したい知人を検索出来ますし、YahooやGmailのメールアカウントからアドレスを選択して該当アドレスの人を見付けてきてくれる。
またプロフィール情報を入力ら学校や会社を入力出来ます。
そうする事で知人が、あなたを見付け易くなるでしょう。
最後にプロフィールに載せる写真を添付したら登録おわりです。
写真は今や有る写真を通じても可愛いしWebカメラを通じてその場で撮っても良いですね。
登録がおわりしたら自己紹介等を記載して行きましょう。

ベンチャーについて


映画「ソーシャル・ネットワーク」はSNSであるfacebookを取り巻く内容になっています。
醍醐味としてはわずか20歳そこそこの大学院が作った「facebook」というサイトがだんだん注目を集めて赴き、世界中にまで注目浴びる様になり、大富豪になっていくという所にあると思います。
そこでこの映画を見分ける際に知っておいてほしいのが「ベンチャー」です。
アメリカで行われているITベンチャーはアイデアを考えて実にWebサービスとしてそれを出し、投資をベンチャーキャピタルから受けながら一部上場やM&Aを目指しながら成功を抑えていくというのが一般的な実績の様です。
ここで聴き慣れない「ベンチャーキャピタル」という言葉が出てきましたが、まだ未発展のちっちゃな会社に株式の一部を貰ってお金を投資します。
そうしてその会社が上場したら貰った株式も値が付いていますのでハイリターンを得る会社の事を指しています。
見込みがある会社の株がいまだに安いときに買って、厳しくなったら売るという業務という訳です。
ベンチャー側にとっては多額のお金が混じるので色んな事にチャレンジできますし、ベンチャーキャピタル側もリスクは高いですがエライときのリターンが大きいので儲かる事が出来ます。
ただし株式を握られてしまうのでベンチャーキャピタルに会社を乗っ取られてしまう事もあるのです。
映画の中それでもベンチャーキャピタルについての話も出てきますので覚えておくと良いですよ。

facebookで英語を学びましょう

英語を覚えたくてもスクールに通う時間もお金も無く、自ら勉強するのも実にヤル気にならないと悩んでいる人はたくさんいるでしょう。
そこでオススメしたいのがfacebookとして英語を学んでみましょうという方法です。
嬉しい上に無料で利用出来るのでとてもオススメなのです。
facebookはmixiみたいに日本だけをターゲットにしている訳ではありません。
世界中のユーザーをターゲットにしていますので用い方次第では世界中に友達を設ける事が出来ます。
facebookで主に使われている言語は英語になります。
日記を英語で書いたり、メールを英語で書いたりして英語に慣れていくという方法から始めてみても良いですね。
そんなふうにと決まったらfacebookへの登録を通してみましょう。
facebookのサイトから、氏名、生年月日、性別、メールアドレス、パスワードを入力したら登録はおわりです。
登録しただけだと誰も検索してくれないとおもいますのでプロフィールを記入していきましょう。
趣味、学歴、職種等を記入していきます。
それほどする事で多くの方に興味を所持して買う事が出来ます。
共通点を所持している方があなたを検索して興味を所持してくれるかもしれませんし、その中に外人の方がいるかもしれません。
また顔写真を載せるのも効果的ですが、公開したくない方はペットの写真も良いですね。
と悩んで検索したり、facebookがレコメンドしてくれた友達に対してリクエストを送って海外の友達を作っていきましょう。
かなり英語でのやりとりは難しいと思うかもしれませんが、ほとんど簡単な英語としている人が多いので、取り組みやすいと思いますよ。

ソーシャル・ネットワークについて


映画で「ソーシャル・ネットワーク」というのが有ります。
ダイビング作となっていてインターネット上でも恐ろしい話題になっています。
こんな映画「ソーシャル・ネットワーク」について、依然として観ていない方の為に予備知識をご紹介してみましょう。
先ずはインターネットに詳しいかどうか、facebookというサイトを知っているかどうかで理解度が随分なると思います。
映画の話題の中心となっているのが「facebook」というサイトです。
このサイトの誕生秘話をめぐっての話になります。
映画としてはフィクションとしていますが、実際のサイト、もの語、登場人ものをベースに描かれていますので一生ノンフィクションというフィクション映画と言っても良いでしょう。
facebookは日本で言うとmixiやGREEの様なSNSとなります。
facebookでは基本的に実名で利用する事になっていますので一段と現実感が増す人間関係を築いています。
今では利用者が全世界で5~6億人とも言われていて世界で一際注目されているSNSではないかと思います。
主人公は1984年生まれのマーク・ザッカーバーグ氏ですでに世界一ういういしい大富豪として有名です。
あんな彼を大富豪にしたfacebookの誕生秘話、それにまつわる人間関係等が中心となっているのです。
世界中で一番有名なSNSサイトを作ったのに人との係わり合いが苦手な事、映画では彼は天才だけど裏切者と悪者扱いされている事等も独特でしょう。
こんな話が映画「facebook」では描かれているのです。