facebookを楽しくする為のポイント

facebookを楽しくする為のポイント


100人という人数を目標としてfacebookを通じてみましょう。
人数が多い程面白く利用できるのがfacebookです。
これはmixiもtwitterでも同様の事が言えます。
人数が多くて燃えるのがSNSの最大の性質ではないかと思います。
twitterは全然知らない人がフォローしてくれたりしますし、正につぶやきの類の内容で投稿する事が多いと思います。
ただしmixiやfacebookはマイミクや友達が実際の友達や知り合いである事が多いので、自分が投稿した記事に対しての反応が良かったり、内輪の事を書いて燃える事もしやすいのです。
twitterである程度必要とされる能動性がfacebookになると無用というメリットが出てくるのですこういうメリットを生かし、facebookを面白くする為のポイントとして友達を100人作ってみてはどうかと思うのです。
ではどうすれば100人もの友達が作れるのでしょうか。
facebookでの友達の見つけ出し方はいくつかあって、自分のメールアカウントを通じて友達を捜す方法、友達の友達を辿って探して出向く方法、学校、仕事、生まれ故郷、所を基に絞り込んで探していく方法等が有ります。
仮に友達を探して友達申請する際、あなただという事が極める様にプロフィール等の情報はしっかりしておく必要があるでしょう。
また自分の友達が誰かと友達になった場合、ニュースフィードでうなづける様になっています。
友達の友達は知人である事も有りますので辿って行ってみると良いですよ。

海外と日本ではfacebookに関する楽しみ方が違うのでしょうか

日本でSNSを利用する際、ニックネームで登録している人が多いですよね。
実名を出すとプライバシーの流出に繋がるとか、防犯の為とか理由はそういった事が多いでしょう。
ただし海外でのfacebookの使い方としては実名で登録、実ものの顔写真で登録する人が多く、友達見い出しをする際に同姓同名がいたら判断材料に困らない様に判断して買う為にも顔写真を載せている様です交流するなら顔が分かった方が真実味が出るからでしょうか。
けれども本来のfacebookの意識としては実名登録というコンセプトみたいだったのでそういった使い方を通している人が多いみたいです。
勿論ニックネームとしている人も海外でもいるみたいですが、少数派と言ったところでしょう。
日本とは意識が逆転している様な感じですね。
またリアル友達よりも一度も会った事が薄いfacebook上だけの友達の方が多いという人も結構いる様です。
facebookを通じている途中で友達になっていく人が多いという事なのでしょうね。
Twitterから一緒にfacebookに流れてきている人も多いみたいでそういった現象が起きている様なのです。
知らない人と話をして行くのも交流を深める意味で良いですね。
そういった使い方はきっかけ日本も海外も変わらないのではないでしょうか。
日本ではmixiからTwitter、facebookと渡り歩く人が多い様で、そこからの名残を記した使い方を通している人が多い様です。
そういったコミュニケーションの取り方が日本と海外では違うのかもしれませんね。

facebookにはmixiの様に足跡機能があるのでしょうか


mixiとしている人で足跡機能に不満を持っている人ってどうしてもいるというのです。
知っている人のページを見たいけど、足跡がついたのに相手から何もメッセージが無かったなんて言われるのもお断りし、ベタベタ毎日足跡をつけていると思われたくないしなんて言って、足跡を擦り込みたくない為にマイミクのページを見なくなったという人も中にはいるでしょう。
勿論足跡機能は必要だわという人もいますので、賛否両論なのですが・・・。
あんな足跡機能、facebookにはあるのでしょうか。
facebookには足跡機能はありませんので、安心して色んな人のページを何度でも歩き回る事ができます。
見る側としては足跡機能がなくて良いなというかもしれませんが、見られる側にとっては誰が見ているかわからない、わずか心配わという人もいると思います。
そんな時にはプライバシー設定というのを使ってみるといいですよ。
プライバシー設定をする事で自分が発信した情報の公開範囲を狭める事ができます。
facebookってとっても実名として利用している方も多くて見られたくない情報というのも当然あります。
ならばfacebook自体使わなきゃ良いだろう!って仰るかもしれませんが、それを言ったら元も子もありませんね。
facebookを利用する上でわざとプライバシー設定をするというのも考えてみてはいかがでしょうか。
プライバシー設定の内容は随分細かい部分も設定可能になっている様です。
あなたにとって嬉しい環境設定を通してfacebookライフを楽しんでくださいね。

facebookの用語2

色んな用語がfacebookには存在します。
用語を知っている事で使い勝手が良くなったり、説明を聴きやすかったりすると思いますので覚えておくと良いですよ。
【アクティビティ】
facebook内における活動の事を指しています。
いいね!ボタンの情報や友達が新しく誰と友達になった情報等もあり、その情報はウォールにニュースフィードとして表示されていきます。
【ファンページ】
mixiで言うコミュニティの事を指しています。
ある特定のテーマを保ち、それに興味を持った方が賛同した方の集まりになります。
芸能人公式ファンページ、母校のファンページ等色んなファンページがfacebook上には存在しています。
ファンページはいくつ持つ事が出来ますので愛するファンページを見付けてみましょう。
【あいさつ、またはpoke】
facebook上で一番簡単なコミュニケーションツールで、ボタンをクリックすると相手にあいさつしたというお知らせが表示されます。
友達にも友達以外にもあいさつは出来ますので手軽なコミュニケーションツールとして利用すると良いでしょう。
英語版facebookではpokeと表示され、「つつく」という意味だそうです。
【グループ】
mixiで言えばコミュニティ、facebookではファンページの様にでかいではなく、意外と閉鎖的感じの集まりになります。
グループに参加するボタンを押すと参加でき、どうにかコンテンツ等が見られる様になります。

facebookではコミュニケーションが大切


SNSに限った話では有りませんが、むしろfacebookを行う上でもコミュニケーションの能力は必要だと思います。
それはfacebookやmixi、Twitter等でもおんなじ事が言えます。
人と人とが陥る事によって、ソーシャル・ネットワークが提供しているサービスから楽しさが得られるという訳になります。
なぜ楽しさが得られるのかと言うと、コミュニケーションを重点的に考えて作られているサービスですからなのです。
facebookは知っている人と繋がっていくという概念の基作られていくのですが、知らない人に対してもリクエストが来て承認をしたら友達に簡単になれてしまう。
逆に知らない人に対してリクエストをする事も可能です。
こうする事によって何百人も何千人も友達がいる人ってfacebook上にはよりいるのです。
個人的にfacebookを楽しんでいる場合はでも良いですが、マーケティングを主体としてfacebookをするのであれば友人を増やせば良いというものではない事になります。
有難い商品を色んな人に知ってもらう為にfacebookによっていくと、有難い口コミに酔いしれると自然と色んな人に伝わっていって売り上げも伸びてくると思います。
どちらにしても友達となった人とコミュニケーションを取っていかないと、facebook上では何も始まらないです。
マーケティングも個人的にしても友達とのコミュニケーションを取る為に、あいさつを通じてみたり、いいね!ボタンを押してみたり、ウォールに書き込んでみたりして人間関係を築いていくと良いですね。