映画「ソーシャル・ネットワーク」の登場人物

映画「ソーシャル・ネットワーク」の登場人物


「ソーシャル・ネットワーク」では、実際の実名、架空の人ものと何人か登場して来るが、ここでは実際の人ものであってアメリカも有名な両者をご紹介してみたいと思います。
【マーク・ザッカーバーグ】
ご存知超大規模なSNS「facebook」の創始者です。
1984年5月14日生まれですからちょっと若き青年です。
但し推定も総資産額が40億ドルを超えていると言われていて世の中で一番初々しい億万長者としても知られています。
彼がfacebookを作ったのはまったくハーバード大学に在学中のころ、丸ごとサイトに人気が集まり一躍有名人になったのです。
2010年にはtime誌が選ぶ「Person of the Year 2010」にも選ばれて話題の中心となりました。
映画では悪者、裏切りっていうレッテルを貼られている感じが有りますが、1億ドルを学校教育の為に寄付をしたそうで教育熱心な顔が伺えます。
【ショーン・パーカー】
音楽等のファイル共有ソフト「ナップスター」の創始者で1979年生まれと未だに若い青年になります。
日本で言ったらWinnyみたいなソフトとしてくれれば良いと思います。
著しいソフトを開発したのは良いですが、無料で音楽が教育出来るとあって、コピーライト問題になってサービスが今はstopしている状態です。
その後にプラソという会社を設立しましたがベンチャーキャピタルとの対立が激化し自社を追い出されてしまう事になったのです。
映画「facebook」の中それではショーンがfacebookに魅了されアドバイスを通じて行くユーザーという立場で登場しています。

ブログと連携させる事も出来ます

ブログと連携させる事もfacebookでは出来る様です。
自分のブログやホームページを所持している人ってかなりいると思います。
そう言う方はそこで更新した情報をfacebookにも洗い流す事が出来るので、どっちも更新しなくても良いという手間が省けますし、どちらのサイトも交流が出来るのです。
ではブログとfacebookが連携されるとどんなメリットが在るのでしょうか。
facebook上ではWebリンクのシェアをするのにサムネイルとプレビューが数行だけですが表示される様になっています。
Twitterの場合はリンクしか表示されませんので、リンク先への誘導がしやすいというメリットが現れるのです。
次にTwitterと比べた場合、facebookには「いいね!」というボタンが有りますのでコメントを書いたり、RTするよりもきっぱり手軽に記事へフィードバックされます。
その為に敷居がいやに低くて生地にフィードバックされやすいというメリットがあるのです。
そうして最後のメリットとしては自分がブログ上で書いた記事がfacebookの友達達にも見せて言えるという事です。
こんなメリットがある事から、facebookとブログを連携している人が増えているのです。
連携の仕方はとても簡単で、facebookの公式サイトに表示されている「ブックマークレット」というのを使って行います。
ワンクリックしてリンクする事が出来ます。
その上に記事のシェアも簡単に行う事が出来ますのでとても便利です。

ファンページを使って有効にfacebookを使いましょう


ほしい情報をかき集める事もfacebookを有効に活用する1つの方法だと思います。
具体的にどうしてするかと言うとファンページを活用するという事らしいのです。
ファンページの使い方は色んな所で紹介されているのでそこを見て頂ければ良いと思いますが、自分が興味を持ち歩いている分野、トピックを出しているファンページに参加します。
そこに見て取れる掲示板上でやり取りをする事で情報を読む事が出来るのです。
そんなにする事で旬なトピックを追う事が出来るらしいです。
ファンページの参加の仕方はとても簡単で、先ずは自分が興味が在るファンページを検索機能を通じて見つけ出し出します。
そこのトップページの上部部分に「いいね!」というボタンが有りますのでそこをクリックすればファンページへの参加はおわりです。
ファンページはfacebookにはたくさん有ります。
その殆どは英語を使用している方が多いという事ですので英語が苦手な方が多い日本人にとっては「・・・」という事も多いと思います。
けれども写真、画像、動画という様なファンページであれば画像を見ているだけで充分に楽しむ事が出来ますので英語が苦手でも大丈夫あだと思いますよ。
たとえば「iPhoneography」というファンページが有ります。
ここではiPhoneで撮った写真をファンページ上で見せ合ってそれに対してコメントを貼るというものです。
写真の使い方を教えてもらう事も出来ますし、色んな写真が見られて楽しいファンページです。
それならば英語を最小限に使うだけで充分に楽しむ事が出来ますよね。
そうしてファンページを使う事でfacebook新たに楽しむ事が出来るのです。