ソーシャルネットワークの映画について

ソーシャルネットワークの映画について


ソーシャルネットワークと言うのはソーシャルネットワーキングサービスの事で、略称としてSNSと呼ばれています。
SNSには色々有り日本ではmixiが爆発的人気を呼びましたが、最近ではFacebookというソーシャルネットワークが人気で、そのアクティベーションから成功までを映画で描いた「The Social Network」が2010年にアメリカで公開されました。
このFacebookは利用者数が世界で5億人を超える程いるという世界最大のSNS(ソーシャルネットワーク)として今は君臨しています。
その誕生を描いた伝記映画となっています。
この映画に元となっているマーク・ザッカーバーグ本人を始めとした関係者達は、この映画は基本的にはフィクションであると言っているそうですが、ノンフィクション的要素がたくさん込められています。
映画の冒頭部分に伸びるマークを振るガールフレンドのエリカは架空の人ものだが、映画に伸びる登場人ものの殆どは実在する人ものでそれも実名で登場しているからノンフィクションと言われても仕方が無いでしょう。
映画の概要としては、実際のマークが抱えている2件の訴訟問題に対しての証言を通じていくという形で過去を振り返って出向く形式となっています。
Facebookが話題の中心である青春群像劇だと思うのです。
内容を見ていくと日本とアメリカとにおけるインターネットの観点や文化の違いが要所要所で垣間見えてきます。
日本ではFacebookよりはmixiの方が普及している感じが有ります。
この映画で初めてFacebookを知ったという人も多いでしょう。
海外でのこの映画の評価はとても高くてたくさんの賞を受賞しています。

オンライン・ブランド広告をFacebookが変えていく

「Facebook Ads」というものがFacebookから誕生しました。
これはFacebookがオンライン・ブランド広告の最大手になろうとソーシャルネットワークの特質を活かして誕生させたもので、Facebook上で広告を制作・配信させる為のプラットフォームなのです。
Facebook AdsはFacebookメンバーへ年齢や性別というユーザー・プロフィール・データにおいて広告していこうと言う部分、次の部分は広告主が元サイトにFacebookによっているメンバーが助かる広告ウィジェットを用意してそれを使って広告主が提供している商品を訴えるとFacebook上の友達にその情報がニュースフィードによって近付くという仕組みの部分、最後はFacebookのメンバーがいかなる広告を見てクリックを通じているのかという情報を広告主向けに提供するサービス等がある様です。
これらはFacebookが直接行っている物で、広告主がもっぱら商品をアピールしているだけじゃなくて、メンバーがメンバーに対してオススメしていくという個人的な推薦という感じになっています。
ソーシャルネットワークならではの宣伝方法で、効果的ブランド広告になると創始者のMarkZuckerberg氏は言っている様です。
やはり推薦しか過ぎないのでこの先に売り上げとしてどうして反映させて行くかは広告主の行動しだいという事になります。
メンバーだって推薦したものが単なる広告だとなると推薦先の友達を失いかねないのですから慎重になりますよね。
こんなデメリット部分を凌げる様になると、ソーシャルネットワーク広告はサクサク普及して出向くのかもしれません。

何故ソーシャルネットワークは人気が有るのでしょうか


WEBの流行として今言えるものと言ったらソーシャルネットワークではないでしょうか。
mixiや最近ではFacebook等色々なサイトが有ります。
ブログ機能も有りますし、友達と繋がる事も出来ますし、コミュニティ機能も有ります。
自分のプロフィールを作り上げる事も出来ますので相手に自分の情報を知って味わう事が出来ます。
そういった全ての機能を1つのアカウントにて利用する事が出来るのです。
サイト内でユーザー検索をする事で出会いたい人を探せますし、自分が興味があるコミュニティを利用する事で共通点を持っている人と出会う事も可能です。
今現在インターネットを使っている方でなんらかのソーシャルネットワークサイトにおいていない人の方が少ないのではないかという位人気が有ります。
たくさんの人が使っていればいる程、自分が探し出したい人が見つけ出せるというメリットも有ります。
またソーシャルネットワークサイトを使うと、実際の自分の生活範囲の中それでは知り合えない人とも知り合う事が可能になりますので、ネットワークを広げる事も出来ます。
そうして相手のブログや友達関係を見てみると相手の方がどんな人なのかと言うのも在る程度は聞こえるのでちょっとした真実味も買取る事が出来るのです。
ソーシャルネットワークを利用すると、友達が増えて会話が出来る人がたくさん叶うという訳です。
やはり自分の素姓を明かしても良いですし、明かさないで非公開で楽しんでも良いです。
知らない人に自分の事を知ってもらうのは良いですが、知っている人に自分がやっている事を有名なのはお断りという人もいますしね。
こんな使い勝手があるのでソーシャルネットワークはとても人気が在るのです。

映画でのマーク・ザッカーバーグとは

ハリウッドで行われているゴールデングローブ賞で「ソーシャルネットワーク」という映画が部門賞を始めとして4冠に輝いたと言います。
そうして一大話題を呼んだのですが今では世界最大となったソーシャルネットワーク(SNS)の「Facebook」の誕生秘話が題材になっている映画なだけに話題性も充分だし、Facebookの加入者をますます高めた結果になったのかもしれません。
映画に登場しているのはソーシャルネットワーキングサービスの「Facebook」創始者であり、現CEOであるマーク・ザッカーバーグ氏です。
既に大人気となっていて2010年のTIME誌の「Person of the Year」にも輝いている彼ですが、映画の中まずはどちらかと言うと「不快奴」というイメージで描かれています。
映画のキャッチコピーも「天才、裏切り者、やばい奴、億万長者」となっていますから悪者というイメージですよね。
映画の原作となったのはBen Mezrich著書の「The Accidental Billionaires」です。
この人はFacebookの共同創業者の1人となっていて、元になった話はザッカーバーグ氏を提訴した最初の協力者Eduardo Saverin氏からの取材内容を元に書いた本だそうです。
その為に映画も本も内容は何となくSaverin氏目線の解釈で書かれているのも仕方が有りません。
だからこそ映画の中それでは「性悪男」というイメージで描かれているのではないでしょうか。
当然こんなイメージだからこそ映画が面白くなっているのは事実なのですが、本もののザッカーバーグ氏もそういったイメージが付いてしまうよね。