インターネットの主流はすでに光回線

インターネットの主流はすでに光回線

13003252

プロバイダーの比較サイトを見てみることにしましょう。

ほとんどが光ファイバー回線を利用したプランをサービスしています。

すでに主流は光回線なのです。
比較サイトではいくつかの項目からランキングが表示されています。

光回線を提供しているプロバイダーの中には限られた地域だけで業務を行う会社も多くあります。
したがって、自分が住んでいる地域の中でのランキングを見ることが重要となるのです。

地方に住んでいるのに東京のランキングは全く意味もないのです。
地域だけのプロバイダーは比較的利用料金が安くなっています。

地域に根差すために低めの料金に定められているのです。
光回線を扱っているプロバイダーの料金を比較すると、キャンペーンが重要な決め手となっているケースもたくさんあります。
基本の月額使用料はそれほど違いがなく、キャンペーンでどれくらいの間割引が続いていくのかがポイントになるのです。

例えば、@niftyではフレッツ光月額料と@nifty月額料が3か月間無料のキャンペーンがあります。
その上にキャッシュバックが付きます。

これによって、1年目に実質かかる月額料はたったの1円になってしまうのです。
最初に選らんだプロバイダーを変更する人はほぼいないために、何とかして自社を選んでもらおうという考えなのです。
しかし、ほとんどの企業がそのようなキャンペーンを行っています。

そのために、実質的な値下げとなっているのです。
プロバイダーの競争も厳しいものがあるのでしょう。

近い将来には光回線の新規契約は飽和状態になってしまうと考えられます。

その時には料金の体系は違う形になってしまうかもしれません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください