タブレットの水没とバッテリー

タブレットの水没とバッテリー


タブレットやスマホを誤って水没させてしまうこというのはよく聴く話です。

さっと取り上げれば無傷で済むケースも有りますが、多くのケースは内部を開けて乾かしてもらわなければなりません。

そのまま使い続けると内部の水分で錆が生じてしまいます。

パッと見上は問題ないとしても、メンテナンス(整備)をしてもらうことをおススメします。

バッテリーも水分によって一時的にショートしてしまった見込みがあれば、バッテリー交換をすすめられることでしょう。

バッテリー交換は使えなくなるまで我慢する人も沢山でしょうが、2,3年周期で交換したケースかんがえておくべきです。

当然、オプションの予備のバッテリーを持ち歩いている人もいますが、内部のバッテリー交換を優先すべきでしょう。

水没しても復活出来るこというのは現代のタブレットのスペック(システム)の良さを示しています。

ただ、バッテリー交換だけはどうしようもございません。

出来るだけ長く使い続ける為にやるべきことをかんがえてみましょう

バッテリーが空っぽになってしまうと、それからの充電はたいへん難しくなるため、システムが自動的にシャットダウンするようになっています。

バッテリー交換は修理のなかでは容易な事象です

それ以外の色々な修理ができなければ、タブレットやスマホの修理専門ストアーを名乗るこというのは出来ないのでしょう

いずれにしても、自分が活用しているタブレットは不死身ではございませんから修理せずに済むように大切に使わなければなりません