iPhoneをバッテリー交換する前には、バックアップを

iPhoneをバッテリー交換する前には、バックアップを

iPhoneのバッテリーを交換する際には、事前にバックUPをしておく必要があります。

これは、修理に出すと初期化され、データがクリアになる見込みがある為です。

特にAppleStoreや正規サービスブロバイダでは、初期化される見込みが高いので、必ずバックUPを確保するようにしましょう。

●バックUPには2つの方式がある●Appleが推奨しているバックUP方式は2つあります。

1つはiCloudにバックUPする方式。

もう1つは、iTunesにバックUPする方式です。

おのおのの特徴をご紹介します。

●iCloud●こちらにバックUPするには、Wi-Fiが接続可能な状況であるのなら、パーソナルコンピュータを利用する事なく、インターネット上に存在するiCloudに保全する事が可能となってきます。

ですが、0円で保全出来る容量に制限があります。

それ以上のデータを保全したいケースではには、月額費用が掛かります。

iTunesと比較したケースではには、バックUPが完了するまで時間が掛かるという面があります、。

●iTunes●iTunesは、iCloudというのは違ってパーソナルコンピュータが必要になります。

バックUPの保全先がインターネット上ではなく、パーソナルコンピュータ内になる為です

付属のLightningケーブルを利用して接続し、バックUPを行っていくので、iCloudと比べると手間がかかりますが、制限容量はパーソナルコンピュータの空き容量次第ですので、大きなデータ容量であっても、月額費用が掛かる事なくバックUPする事が出来ます。

バックUP可能な項目がiCloudと比較したケースではに、iTunesの方がより多くの項目をバックUP出来るというメリットがあります、。

●まとめ●こんな風に、2つのバックUPの方式には、おのおのにメリット、デメリットがありますので、自分に存在したバックUPをして、バッテリー交換に備えていきましょう。

AppleStoaでのバッテリー交換方法1

iPhoneのバッテリー交換には、幾つか方式がありますが、この度はAppleStoaでの交換方式をご紹介します。

iPhoneをオーダーしたケースでは、保証期間は一定グレード1年間です。

ですが、Apple Care+に参加したケースでは保証期間が延長されます。

バッテリーの劣化が表れ始めるのが、利用頻度によって差はありますが、1年以上2年以内に感じ取れる方が沢山やうです。

ですので、このApple Care+に参加していれば、無償にてバッテリーの交換をしてもらえますので、バッテリーの蓄電容量が80%以下だったケースでは、願わくはとも無償でAppleStoaで交換しましょう。

●Genius Barを利用●AppleStoaでバッテリー交換をすケースではには、バックUP窓口であるGenius Barを利用する事になります。

こちらのGenius Barですが、非常に混雑しています。

土日は尚更です。

ですので、AppleStoaアプリケーションから予約をしてから利用するのがおススメです。

予約は、1週間先までの予約が時間を指定して行なう事が出来ます。

東京のAppleStoaは3つありますが、何処の直営ショップも直近では予約が一杯というケースが沢山です。

急いでいなければ、時間や日程を調整して足を運ぶようにしましょう。

当然、予約をしなくてもバッテリー交換をおこなう事は出来ます。

ですが、そのケースではには、混雑していたケースでは、キャンセル待ちで並んで待つようにと紹介されます。

最悪、時間帯が遅いケースではには、キャンセル待ちすら出来ないというケースもありますので、注意してください。

AppleStoaでのバッテリー交換方法2

●Genius Bar(ジーニアスバー)を利用する前に行なう事●予約が取れたら、その日までにおこなわらければならない事があります。

それは、バックUPです。

バッテリーを交換する際には、iPhone内に存在するデータが全て消去されてクリアにされる事があります

AppleStoaのスタッフの方にも、データがクリアにされる事がある旨を言われ、確認されますので、必ずバックUPをとっておくようにしましょう

ただし、全てのバッテリー交換に際して、データがクリアになる訳ではありません。

データはそのままで交換が出来るというケースもあります

iPhone5でのバッテリー交換では初期化されたけれど、iPhone6での交換の時は、データそのままだった…というケースも聴かれます。

ですが、こればっかりはどうなるかは、iPhoneの有り様によっても変わります。

当日になって慌てないよう、バックUPは事前にしておく事が必要です。

●バッテリー交換までの流れ●まずは、AppleStoaに予約をした時間に間に合うよう向かい、Genius Barのカウンターに行きます。

ショップ舗によってますが、Genius Barに向かう前にスタッフが出迎えてくれるケースではがあります

そのケースではには、予約の時間と名前を伝えると、待機立地で待つように紹介がされて、順番が巡ってくると、空いたGenius Barのカウンターへと紹介してくれたりします。

分からないケースではには、近くのスタッフに声を掛けると、紹介してくれます。

AppleStoaでのバッテリー交換方法3

Genius Barのカウンターに紹介されたら、バッテリーの問題を伝えます。

したケースでは、スタッフの方が、診断用の端末にiPhoneをつないで、バッテリーの状況を調べてくれます。

この時に、バッテリーの蓄電容量が新品時の時と比較して、80%以下と診断されればバッテリーの交換をしてもらえます。

この診断プログラムでは、直近のバッテリーの充電状況もグラフとして見る事が出来る為、減りの速さ等も把握する事が出来ます。

交換が必要となったケースでは、署名をして端末を渡します。

この引き渡しの前に、『iPhoneを探す』を無効化にするよう言われますので、iPhoneの設定を変更する事になるかとおもいます。

ここまで来れば、後はAppleのスタッフにお任せです。

引き取り用の書類を貰うので、指定された時間に再度AppleStoaへ向かえば、バッテリー交換が完了したiPhoneを受け確保する事が出来ます。

気になる所要時間ですが、早ければ1時間ほどですが、混雑していたケースではには、それ以上待つ事になります。

3時間後に受け取りに来るようにと言われた方もいますので、土日は特に受け確保するまでに時間を要したケースでは覚悟しておきましょう。

●80%以上だと?●もし、バッテリー蓄電容量が80%以下ではなかったケースでは、交換をして貰えないかという事が疑問におもうかも知れません。

これは、先ほど記載しましたが、診断プログラムでは、直近の充電状況も見る事が可能なようになっています。

ですので、もし80%以上あるけれど、こうした推移の状況によって、自分が不具合と感じ取っている様子を伝える事で、バッテリー交換をしてもらえる見込みはあります。

ですので、相談してみましょう

以上が、AppleStoaでのバッテリー交換方式です。

長く使用する為には必要なメンテナンスですので、適切な時期での交換をしていきましょう