iPhoneのバッテリー交換の目安1

iPhoneのバッテリー交換の目安1

多くの方がiPhoneやスマホといった端末を所有し、通話だけでなく、ネットサーフィンやソーシャルゲーム、そしてLINEにFaccebook・インスタグラム・TwitterといったSNS等へと接続して、楽しむようになりました。

これは、インターネット通信のスピードが速くなり、そして安定した環境要素になった事で実現している事です。

昔では、電車などの地下に入ると電波が弱くなりやきもきしていたのが、現在では嘘みたいに、地下といった弊害を心配する事なく、軽快にハンドリング可能なようになりました

ですので、待ち合わせの時間に、タクシーやバス・電車の移転中に…と、ちょっとしたすきま時間が出来ると、思わずiPhoneを開いて、ゲームやSNSを…と楽しんでいるという方も多くなりました。

こうした扱い方以外にも、気になった事を調べてみたり、飲食ショップの評判を調べてみたりといった事も手がるに行なえる事になった事で、益々手放せない道具となっています。

こうして、1日に使用する頻度が増加してくる事で困るのが、バッテリーではないでしょうか。

自然の事ですが、iPhoneを使い続ければ、電池の残量は減っていきます。

減って無くなれば、iPhoneは起動しないので、使えなくなります。

そうならない為に、充電を行っていきますが、このバッテリーは消耗品です。

利用していけば利用していくほどに劣化していくのです。

それでは、バッテリーが劣化したケースでは、iPhoneにどんな事が起こるのでしょうか。

iPhoneのバッテリー交換の目安2

●バッテリーが劣化する事で起こる症状●それでは、バッテリーが劣化する事で、起こってくる不具合を幾つかご紹介します。

・バッテリーの減りが今までと比べると急いでなってきた・電源が勝手に落ちてしまう・バッテリーの残量を表示している目安がおかしい(これは、例えば充電をちゃんと満タンにしたばっかりなのに、表示では60%や40%といった、おかしな表示になっている…といった物です。

)こんな症状が出てきた時には、iPhoneのバッテリーが劣化している目安として考えて誤りはないでしょう。

●バッテリーの劣化を遅くする方式●では、バッテリーの劣化が進行しないようにするには…と考えたケースでは、それはiPhoneそのものの利用を抑制していく、充電はギリギリまで待って、少なくなった時に行なう。

といった方式が考えられますが、利用を抑制していく事は誰もが望んでいませんし、またギリギリまで充電を待つというのも必ずしも無くなった時に、自宅にいて早速に充電出来るという訳ではないため、携帯出来る充電器を所持していなければ不安で手法がありません。

こんなようでは、折角iPhoneで楽しめる環境要素が出来ているのに、心理的負荷が溜まる一方です。

●iPhoneのバッテリーはリチウム電池●バッテリーは使用する度に劣化していくと解説しましたが、そこだけでなく、iPhoneのバッテリーは、リチウム電池を採用しているという事を解説しなければなりません。

このリチウム電池の特徴の1つが、充電を繰り返すごとに、溜められる電池容量が減っていくという特徴があるのです。

iPhoneのバッテリー交換の目安3

では、どの程度繰り返すと、容量が減っていくのでしょうか。

これに対しては、Appleの方からこんな回答があります。

『iPhoneのケースではは、充電のサイクルを500回繰返していくと、バッテリーの容量が全体の80%に減っていく。

』この、充電のサイクルというのは、”電池容量が、100%から0%になること”を1サイクルと考えてカウントした物をいいます。

ですので、もし毎日1回充電しているという方は、1年4カ月、つまり16カ月で500サイクルになってしまうという計算になりますね。

この頃になると、バッテリーが劣化してきて、iPhoneに先ほどご紹介したような症状が登場てくるようなってす。

そして、バッテリーは一度劣化したケースではリカバリーする事はありません。

●劣化したバッテリーは交換するのみ●ではどうすることでバッテリーの劣化によって起こっていた不具合を解決出来るのか

それは交換です。

バッテリーの交換という方式によって、解決出来ます。

では、このバッテリー交換は何処で行なえるのでしょうか?これには2つの方式があります

1つが『Appleで交換してもらう』方式。

そしてもう1つが、『修理業者にお願いして交換してもらう』方式です

具体的にどんなふうに交換お手続をおこなうのか、それに対しては別記事、『iPhoneのバッテリー交換方式』にてご紹介していますので、参照にしてみてください。

Appleと修理業者では、大きく違う点があります。

自分に合う交換方式がどちらなのかを検討したケースでは良いでしょう