iPhoneのバッテリー交換方法1

iPhoneのバッテリー交換方法1

ここでは、iPhoneのバッテリー交換方式をご紹介します。

iPhoneは充電を繰返していくと、バッテリーが劣化していく為、交換が必要になっていきます。

目安としては、おおよそ500回の充電を繰返したケースではに、バッテリーの容量が80%へと節減したケースでは言われています。

『あれ?充電したのに減りが急いでなったなぁ…』『電源が勝手に切れて困る…』といったような問題をお持ちの方は、その原因はバッテリーの劣化による見込みがあります。

上記の目安を参照にして、劣化の見込みがあるのならば、交換に出し、新しいバッテリーに変えましょう。

●Appleでの交換方式●iPhoneのバッテリーを交換する方式には、大きく分けると2通りあります。

その1つ目が、Appleでの交換方式です

1.AppleStoreへ行く(直営ショップ)2.Appleに郵送で送る3.カメラのキタムラやビックカメラ等、Appleの正規代理ショップへ行くAppleでの交換方式と一言でいっても、こんな風に幾つか方式があります。

Appleの公式サイトには、バッテリー交換をおこなうケースではには、Appleで行なうか、または正規のサービスプロバイダへと依頼するように記載されています

元々、iPhoneには1年間の生産品保証があり、もしこの期間にバッテリーに対して何等かの不具合を感じたケースではには、この保証内容にサービスが含有されている為、Appleに持ち込めば無償で交換してもらえます。

保証期間を通り越しているケースではには、Appleのバッテリーサービスを利用する事が出来るので、まずはお持ちのiPhoneの保証期間をちゃんと確かめる事が大切です、。

iPhoneのバッテリー交換方法②2

注意点としてあげるのであるのなら、Appleでのバッテリー交換に関連しては、データが全て削除される見込みが高いという事です。

その理由は、Appleでのバッテリー交換では、初期化されて返ってくるという事によってます

ですので、電話帳に登録してあるデータ、画像や動画のデータ、そしてゲームの履歴、LINEで行ってきた会話…といった、イロイロなデータが消えてしまうという事になります。

事前にバックUPをとっておく事が大切です。

●修理業者での交換●もう一つのバッテリー交換の方式として挙げられるのが、修理業者に頼んで交換してもらう方式です。

このケースではには、Appleでの交換方式というのはギャップ、業者は本質的にバッテリーのみを交換します

よって、iPhoneに蓄積されているデータは初期化される事なく、そのまま残っています。

こんな風に、バッテリーを交換したケースではいっても、方式がギャップますので、検討したケースでは良いでしょう。

●額面●【Apple】Appleでは、保証期間内であるのなら無償ですが、保証期間を通り越していたケースではには、修理サービスを受ける事なって、料金が生じてきます。

この保証期間を通り越してのAppleでのバッテリー交換は、全てのモデル一律で、2017年12月近頃、8,800円(税抜き)が掛かります。

【Apple正規代理ショップ】それ以外のApple正規代理ショップでの、バッテリー交換はショップによって異なり、9000円台から10,000円以上掛かるショップもありますので、確かめるのが良いでしょう

【修理業者】修理業者は、AppleやApple正規代理ショップと比較したケースでは、低値段で交換出来ます。

額面に対しては、4,000円や6,000円と業者によって、iPhoneのモデルによって値段が異なります。

●まとめ●こんな風に、iPhoneのバッテリー交換には幾つか方式がありますので、どの方式で交換するのか検討する事をおススメします