iPhoneのバッテリー診断が公式アプリから可能に1

iPhoneのバッテリー診断が公式アプリから可能に1

iPhoneのバッテリー交換の際、保証期間内であるのなら、AppleStore等にて0円にて交換してもらう事が出来ますが、その要素には、蓄電容量が新品の時と比較したケースではに、80%以下というのが入っています。

ですので、バッテリーの劣化かなぁ…と考えた際に、自宅にてバッテリーの診断アプリケーションを利用して、おおよその目安を調べてから、修理に出すという方が多くいらっしゃいます。

この診断アプリケーションには、Battery Careといったアプリケーションや、バッテリーライフといったアプリケーションがポピュラーで、試した事があるという方も沢山のではないでしょうか。

ですが、こうしたバッテリー診断アプリケーションで80%以下の数値が出たとしても、ありのままににAppleStoreへと出かけて、Appleの診断プログラムでバッテリーの劣化状況を調べてみると、80%以上の数値が現われて、0円での交換要素に満たなかったという声もよく聴かれているのが実情です

バッテリー状況の80%以下というのは、あくまでAppleの診断プログラムでの収穫です。

いくらこうしたサードパーティーの診断アプリケーションで80%を切断していても、趣旨はありません。

そういった中、AppleバックUPのアプリケーションのなかに、バッテリー診断が出来る項目が追加されましたので、ご紹介したいとおもいます

こちらの診断でしたら、Apple公式ですので正確です。

バッテリーの劣化が気になり、交換を検討しているのでしたら一度こちらの診断を受けてみては如何でしょうか

iPhoneのバッテリー診断が公式アプリから可能に2

●AppleバックUPアプリケーションを使用して、バッテリー診断を行なう方式●それでは、ここからバッテリー診断を行なう方式をご紹介していきます。

1.アプリケーションをダウンロードAppleバックUPのアプリケーションをダウンロードしていない方は、まずはアプリケーションをiPhoneにダウンロードし、インストールしましょう。

2.アプリケーションを開くアプリケーションを起動したケースでは、AppleIDの入力を求められますので、入力をしてサインインします。

次画面になると、『ようこそ』という言葉が映された画面になりますので、右上に存在する『スキップする』をタップして飛ばすか、横にスライドして読み進めていくかしていき、『最適な克服策を探す』という画面まで進めましょう。

3.最適な克服策を探すこの画面が映されたら、画面下の『はじめる』をタップします。

したケースでは、位置情報利用許可のポップUPが表れます。

任意で許可をタップしましょう。

4.診断したいiPhoneを選択次画面では、『顧客の生産品』という一覧が映され、今使用しているiPhoneが映されるはずです。

ここでバッテリー診断をしたいiPhoneをタップします。

したケースでは、iPhoneを利用していく上で、困っている故障状況の項目が大まかに分かれて、羅列されます。

『バッテリー、電源、および充電』という項目が表れますので、そこをタップします

バッテリーに修理が必要『バッテリー、電源、および充電』を選択したケースでは、その項目に関連する、イロイロな故障状況が羅列されます、。

そこを一番下までスクロールしましょう。

『バッテリーに修理が必要である』という項目が出てきます。

iPhoneのバッテリー診断が公式アプリから可能に3

6.診断実行『バッテリーに修理が必要である』をタップしたケースでは、ハードウェア診断を行なうか、おこなわないかを問われる画面へと移りますので、『診断を実行する』を選択します。

したケースでは、利用要素が映されますので、右上に存在する『続ける』をタップして、『同意する』を選択しましょう。

待機中という状況になりますので、そのまま待ちます。

7.モバイルリソースインスペクタ実行待機の次には、『モバイルリソースインスペクタの実行中』と映されます。

読み込みは、30秒から1分ほどです。

終了したケースでは、『全部のテストが完了しました』と切り替わりますので、左上に存在する『完了』をタップします

右上には『履歴』という表示があります。

これは、モバイルリソースインスペクタの履歴が見られるという趣旨です。

このモバイルリソースインスペクタというのは、バッテリーの容量以外にも、ApplePayや、TouchID、Wi-Fi、カメラ、センサーといったシステムが、正常にシステムをしているのかどうかというのをデータとして上げてくれるという物です。

8.ハードウェア診断上記で解説した『完了』をタップしたケースでは、いよろしいよハードウェア診断が開始されます。

画面に『ハードウェア診断』『診断が進行中』と映されます。

9.バックUPオプション診断が完了したケースでは、画面が移り変わり、バックUPオプションという画面になります。

このAppleバックUPアプリケーションのバッテリー診断は、ガッカリながら収穫が映されません。

iPhoneのバッテリー診断が公式アプリから可能に4

ですので、診断収穫を知りたいケースではには、バックUPオプションの画面に存在する『今すぐ電話を設定する』という箇所をタップする必要があります。

ですが、これでお使いのiPhoneのバッテリーの劣化状況を知る事が出来ますので、どの程度劣化が進行しているのか、交換する必要があるのかどうかが分かるので、願わくは試用ください。

●まとめ●以上が、AppleバックUPアプリケーションを使用しての、バッテリー診断方式でした。

AppleStoreにて、バッテリーの交換を無償にて行なう際には、80%以下という要素があるお目当てで、非公式の診断アプリケーションを使ったりして劣化状況の目安を把握したケースではいう方式が多かったかとおもいます。

当然、今まだとしてもweb版のAppleバックUPにて診断する事は可能でした。

ですが、こちらでは、シリアル番号を入力したり、バックUPの方へと診断の依頼をしなければ、バッテリーの診断が開始されないという、少々面倒な方式でした。

ですので、皆さん非公式のアプリケーションを活用していたのです。

ですが、このアプリケーションの収穫というのは、必ずしもAppleでおこなわれている診断プログラムと同じ収穫ではなく、むしろ異なる数値のケースではが沢山という傾向がある為現段階では、鵜呑みに出来ない状況です。

そういった中表れた、AppleバックUPアプリケーション内の、バッテリー診断。

こちらは、上記のweb版での診断方式に比べて、気軽に診断が行なう事が可能なようになったという面で、利用者にとって嬉しい面だとしてもあります。

ガッカリながら、診断収穫が映されず、確かめるには電話という事ですが、バッテリー交換を検討している方にとって、こちらの方式は有用となるのではないでしょうか。